「JOCジュニアオリンピックカップ兼第32回ISSFジュニアライフル射撃競技選手権大会」が開催されました!

2021年10月1日(金)~11月30日(火)

集まったマイルを大会運営費の一部に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2021年10月1日(金)~11月30日(火)、「JOCジュニアオリンピックカップ兼第32回ISSFジュニアライフル射撃競技選手権大会」が新型コロナウイルス感染防止の観点から全国24会場にて男女各4種目が分散開催されました。

男子

82名がエントリーした「10mエアライフル」は関口慈英選手(国際学院高校)が620.8点で優勝しました。2位に橋本昂希選手(法政大学)、3位に梅木竜一選手(日本大学)が入りました。「ビームライフル」は157名がエントリーし、吉田陸矢選手(佐賀清和高校)が632.7点で優勝。横山巧選手(岐阜ライフルクラブアカデミー)が2位、3位は尾﨑星那選手(立正大学淞南高校)という結果でした。「10mエアピストル」は岩佐正貴選手(自衛隊体育学校)が572.0点で優勝し、わずか2点差で小柳勇生選手(福岡県)が2位となりました。3位には吉村和徳選手(同志社大学)が入っています。「ビームピストル」は保里千春選手(北海道科学大学高校)が2位に20ポイント近くの差をつけて優勝しました。

女子

78名がエントリーした「10mエアライフル」は大接戦の末、野畑美咲選手(由布高校)が626.5点で優勝。わずか0.9ポイント差の2位に三浦莉桜選手(明治大学)、3位は623.1点をマークした柳澤灯選手(国際学院高校)という結果でした。「ビームライフル」は152名がエントリーし、早坂彩花選手(山形城北高校)が630.0点で優勝。2位に板橋杏選手(福岡県ライフル射撃協会)、3位に僅差で松尾好梨選手(佐賀清和高校)が入りました。「10mエアピストル」は小西怜奈選手(国際学院高校)が558.0点で優勝。2位に東晴七選手(愛媛県ライフル射撃協会)、3位に佐藤琳選手(学連)が入りました。「ビームピストル」は山﨑一葉選手(高知高校)が559.0点で優勝しました。2位に羽田向日葵選手(立正大学淞南高校)、3位に武市愛理選手(仙台育英高校)という結果となりました。

今大会は分散開催という形で行われましたが、今後も工夫をこらしながら全国各地のライバルと研鑽しあい、競技力を高めてまいりたいと思います。引き続き皆さまの温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

活動レポート

活動スケジュール

大会・遠征名 スケジュール 開催地
JOCジュニアオリンピックカップ 兼 第32回 ISSFジュニアライフル射撃競技選手権大会 本選 2021年10月1日~11月30日 分散開催
2021 East Asia Youth Airgun Competition 2021年12月11日~12月12日 リモート開催

応援状況

マイルで応援する

日本地区会員の方

日本地区以外の会員の方*1

  • 寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。
  1. 日本地区以外の会員の方は、会員ログインのうえ、上記「マイルで応援する」ボタンを押下いただくと、お申し込みが完了となります。お申し込み後の取り消しは一切できませんので、ご注意ください。マイルの引き落としは、お申し込み日より1週間以内に行います。