JALの取り組み

アクセシビリティ向上に向けて
~JALグループ アクセビリティ向上に関するサービスポリシー~

JALグループは誰もが旅、スポーツ、文化を楽しむことができる社会の実現を目指しています。
「国連国際障がい者の10年」(1983-1992年)を機に、優しい旅の提供を目指し積極的な取り組みをスタート。
「サービス委員会」を設置し、お体の不自由なお客さまや病気やけがをされているお客さまに対して「プライオリティ・ゲスト」という呼称を導入、サービスハンドブックを制作し、1994年他社に先駆け「プライオリティ・ゲストセンター」を開設しました。

以来、長年のプライオリティーゲストセンターの運営、社内のサービス介助士資格者を活用した人材育成をベースに、日々の運航や障がい者スポーツ各種競技団体への輸送協力などで培ったノウハウを活かし、お客さまそれぞれの状況に寄り添ったサービスの提供を行っています。

私たちJALグループが目指しているのは、誰もが旅、スポーツ、文化を楽しむことができる社会です。
そのために、私たちは、これまで培ったノウハウや実績を活かし、以下の「JALグループ アクセシビリティに関するサービスポリシー」に基づき、すべてのお客さまが利用しやすい環境づくりに取り組みます。

JALグループ アクセシビリティに関するサービスポリシー

「JALグループ アクセシビリティに関するサービスポリシー」の動画では、誰もが旅、スポーツ、文化を楽しむことができる社会の実現のための、アクセシビリティに関するサービスポリシーをご説明します。

動画のテキスト版

JALグループ アクセシビリティに関するサービスポリシー

私たちは社員の基本的な考え方である「JALフィロソフィ」をべースとして

  1. すべてのお客さまに、ストレスフリーを実現します
  2. すべてのお客さまに、さまざまな旅の選択肢を提供します
  3. お客さまや社会の皆さまと共に、旅を通じた楽しさ・豊かさを創出します

ユニバーサルツーリズムの促進

移動にバリアを感じている方々が、安心してご旅行していただけるよう情報提供やサポート体制の整備を進めるとともに、より多くの旅の選択肢を提案していきます。

〔車いすでお楽しみいただけるデュアルスキーのツアを開催しました〕

障がい者スポーツを応援しています

JALグループは長年にわたり障がい者スポーツ選手や大会の支援を続けてまいりました。今後も障がいのある方々にスポーツを楽しんでいただく社会を実現すべく、これまでの知見を活かし取り組みをさらに強化していきます。

ご利用環境の整備

JALグループではお客さまに安心して安全にご利用いただくため、ご利用環境の整備に積極的に取り組んでおります。

  • 〔JAL木製車いす〕

  • 〔ミライスピーカー〕

  • 〔遠隔手話通訳サービス〕

情報の充実

お客さまに安心してご利用いただけるサポート、お手続きやご搭乗の流れなど、当WEBサイトに情報を充実させています。また、旅の魅力やヒントを伝える情報発信も続けていきます。

新着情報

スカイちゃれんじ

航空機でのご旅行が初めてのお客さまや、ご不安のあるお客さま、不慣れなお客さまに安心してご利用いただけるよう、JALオリジナルパンフレットをご用意いたしました。 写真とイラストで分かりやすく解説していますのでぜひご活用ください。

印刷の際は、A4サイズの紙に印刷してください。

PDFファイルをご覧いただく際は、「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は以下よりご確認ください。

PDFファイルについてのご案内 PDFファイルについてのご案内

人財育成

すべての空港スタッフ・客室乗務員は、プライオリティゲストサービスの教育を受講しています。社内のサービス介助士資格者を活用した全空港スタッフへの教育による人材育成は2010年より開始され、現在も継続しています。障がいのあるの方へ接する際のマインドやエチケットを学ぶほか、障がいのあるお客さまへの寄り添い方・お手伝いの方法を実技も含めながら学んでいます。

サービス介助士資格=公益財団法人日本ケアフィット共育機構認定。高齢者や障がい者へのおもてなしの心と介助技術のための個人資格。

手話教育クラスなども積極的に開催しています。

社会の皆さまとの連携

医療渡航をサポート

けがや病気による医療搬送や外国での治療・手術のための医療搬送を定期便にてお手伝いいたします。とりわけ心臓移植のための搬送をはじめ、小児医療搬送などに取り組み、お客さまの命をつなぐお手伝いを行っております。

心臓移植搬送は1994年ロサンゼルス渡航から始まり、これまで培ってきた専門知識を糧に積極的に渡航をサポートしております。

アクセス法への対応について

米国航空アクセス法の取り組みについて

当社が運航する米国路線では、米国航空アクセス法(the Air Carrier Access Act)に基づき、お体に障がいのあるお客さまが快適に航空機をご利用いただけるよう、各種サービスをご提供しております。ご利用に際してご質問、お困りのことがある場合には、空港の職員にお申し出いただきますと、CRO(Complaint Resolution Official)にご相談いただけます。
CROとは、米国の障がい者に関する適用規定についての特別な教育を受けているスタッフです。
当該法令につきましては、米国運輸省航空消費者保護部のウエブサイト(英語)でご確認いただけます。また、直接お問い合わせの際には以下をご利用ください。

米国運輸省航空消費者保護部のウエブサイト(英語)
米国国内からの電話の場合 Toll Free Hotline For Air Travelers With Disabilities
1-800-778-4838(TTY1-800-455-9880)
米国以外、および米国国内からの電話の場合 By Telephone to the Aviation Consumer Protection Division
202-366-2220(TTY202-366-0511)
郵便での問い合わせ By Mail to the Air Consumer Protection Division
C-75, U.S Department of Transportation, 1200 New Jersey Ave. SE, West Building,
Room W96-432, Washington, DC 20590

車いすの機内収納について

米国発着便(グアムを含む)の一部の機材では1便につき1台まで手動式折りたたみ車いすに限り機内にてお預かりいたします。
ご希望のお客さまはご搭乗当日、空港にてお申し出ください。
ご利用条件(対象機材・収納可能な車いすのサイズなど)につきましては、ご予約時または空港にてご搭乗手続きの際に係員にお問い合わせください。
なお、機材変更などによりご利用いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

補助犬について

米国発着(グアムを含む)路線では身体障がい者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)以外の精神疾患を持つお客さまの情緒的サポートを行うエモーショナル・サポートドッグとてんかんなどの発作を知らせるアラートドッグも客室内へ(所定の)条件を満たしている場合は同行いただけます。
事前の手続きが必要となりますので、ご出発48時間前までにご連絡ください。

日本在住のお客さま 「ご搭乗に関するご案内・ご相談」内、JALプライオリティ・ゲストセンター
海外在住のお客さま 最寄りのJAL支店・営業所 最寄りのJAL支店・営業所

お問い合わせ

ご不明な点やご不安なことがございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問