ここから本文です

機内にお持ち込み可能なお手荷物

機内へお持ち込みいただけるお手荷物のサイズや個数、そのほか注意が必要なお手荷物についてご案内します。

持ち込み可能なお手荷物

合計重量10kg以内で身の回りの品(ハンドバック、カメラなど)のほか、下記条件の手荷物1個までとなります。

各辺のサイズが既定内でも3辺の合計を超える場合は持ち込みいただけません。
条件を超える大きさ・重さの手荷物、および収納スペースに適切に収納できないと判断した手荷物は、搭乗ゲートや機内でお預けの手荷物として貨物室にお預かりさせていただく場合がございます。

飛行機の座席数 路線 サイズ 合計重量
100席以上 *1 JAL・JTA 合計:115cm 以内
55cm × 40cm × 25cm以内
10kg以内
100席未満 *2 JAL・JAC・
RAC
合計:100cm 以内
45cm × 35cm × 20cm以内
  • *1773/772(777)/787/789/767/734/738(73H)
  • *2E70/E90/CRJ/SF3/DH4/DH3/DH1/ATR

付属品(ハンドル、ポケット、キャスター等)を含みます。

  • 座席が100席以上の場合のサイズです。
  • ご搭乗になる飛行機の機種は、国内線空席照会結果画面でご確認ください。国内線空席照会・予約画面では772は「777」、738は「73H」の表記となっております。
  • 機内持ち込みサイズを超えるものを機内に持ち込む場合には、特別旅客料金をお支払いいただき別途座席を購入いただく必要があります。

新しいウインドウで開きます特別旅客料金

手荷物の収納

お手荷物は座席上の共用収納棚、または座席の下へ適切な収納をお願いしております。
通路・非常口付近など、非常時に脱出の妨げになる場所へ手荷物を放置することは、法令で禁止されています。

  • 前に座席のない席(スクリーン前・隔壁前)は足元にお手荷物をおけません。

非常口座席のお客さまは離着陸時に足元や膝の上にお手荷物をおけません。

不適切な収納は下記を引き起こす可能性がございます。

負傷の原因
負傷の原因
突然の衝撃があった際に、お手元から飛び出して負傷の原因となります。
緊急脱出の妨げ
緊急脱出の妨げ
非常口や通路に飛び散って、緊急脱出の妨げになります。
衝撃防止姿勢の妨げ
衝撃防止姿勢の妨げ
緊急時に正しい衝撃防止姿勢を取る妨げになります。
ページトップへ戻る