領収書の発行

領収書について発行方法・発行場所をご案内します。

領収書の発行について

JAL Webサイト、電話予約、JALグループ市内・空港カウンターでご購入いただいた航空券は、航空券購入日から最大1年間、JAL Webサイトにて電子領収書を発行いたします。

  • 消費税法で規定される適格請求書等保存方式に対応しております。
    なお、弊社の航空運送事業は、消費税法施行令70の11①四に定める適格簡易請求書の交付が認められる事業に該当いたしますので、発行する領収書は「適格簡易請求書」になります。
  • 旅行会社でのお支払い時は発行できません。
  • コンビニ・ATMでお支払い時にお渡しする「受領書」「ご利用明細票」は領収書としてご利用いただけますが、適格請求書等保存方式に対応した領収書ではありません。

ご利用方法(電子領収書)

表示回数の制限はありません。

  • 手数料の領収書は、変更・取消完了画面からのみ(1回のみ)

STEP1

予約詳細画面を表示

予約確認のボタンから、表示したい領収書の予約内容を検索してください。

予約確認のボタンから、表示したい領収書の予約内容を検索してください。

STEP2

領収書表示を選択

予約詳細の画面で、予約に関連するサービスの中から「領収書を表示する」ボタンを選択します。

STEP3

領収書のあて名、表示対象を選択する

領収書のあて名や表示する対象を選択し、「領収書表示」ボタンをクリックまたはタップすると領収書が表示されます。

  • ポップアップブロック機能を解除してからご利用ください。

ご注意・ご案内

  • 適格請求書をお求めの方は、領収書に「課税資産の譲渡等を行った年月日(実搭乗日)」が必要となりますので、「ご利用旅程の表示」を選択ください。
  • 紙の領収書をご希望の場合は、航空券ご購入カウンターで領収書を発行いたします。
  • 予約変更により、運賃の差額調整をされた場合は、変更後の航空券のご購入金額を表示します。
  • 使用状況が「交換発行済」の場合は表示できません。交換発行後の最新の航空券情報を選択してください。
  • 複数旅程で一部搭乗後に予約変更をした場合、搭乗済区間の表示がされないため、領収書の合計金額と運賃明細(区間表示)の合計が異なります。

手数料の領収書

変更・取消完了画面で領収書を発行されなかった場合は、申請フォームよりご依頼ください。

ご注意

  • 郵送のみとなります。
  • 送付先は国内の住所に限ります。
  • ご依頼いただいてから、郵送で1週間〜10日ほどかかります。(お急ぎの場合はJAL国内線ご予約・ご購入・ご案内へご依頼ください)
  • 再発行はできません。
  • 国際線の領収書は発行できません。

電子領収書をご利用いただけない場合

空港カウンターまたはお問い合わせ窓口(郵送)にて発行依頼を承ります。

係員に領収書発行をご希望の旨お申し出ください。

ご依頼の際は以下のうちいずれか1つが必要です。

  • eチケットお客さま控(カウンターのみ)
  • 航空券番号
  • JMBお得意様番号(ご購入までにJMBお得意様番号をご登録済みの場合)

ご注意

  • 適格請求書等をお求めの方は、領収書に「課税資産の譲渡等を行った年月日(実搭乗日)」の記載はされませんので、搭乗日の記載があるeチケットお客さま控などを併せて保管ください。
  • 発行は1回です。再発行できません。(領収書発行後にお客さまごとの領収書を発行ご希望の際は、発行済みの領収書と引き換えに発行します)
  • 空港カウンターでの領収書発行には時間がかかる場合がございます。ご搭乗日当日のお受け取りをご希望の場合はお時間に余裕をもってお越しください。
  • 2023年4月11日搭乗分までの航空券の領収書は、JAL Webサイト(モバイル)からは発行できません。