快適な空の旅のために

旅立つ前に

機内環境について

飛行機は離陸後少しずつ高度を上げ、高度約10,000mを音速に近い時速約900kmで飛行します。機内は気圧を調節する装置(与圧装置)とエアコンにより地上に近い環境を人工的に作り出していますが、地上と全く同じ環境ではありません。

  • 機内の気圧と気圧の変化
    水平飛行中の高度における機内気圧は約0.8気圧程度で、標高約2,000mと同じ環境です。酸素の割合は変化しないため、機内酸素分圧(空気中の酸素の圧力)も地上の約80%となります。気圧変化は航空機の離陸後の上昇および着陸前の下降の各々15〜30分間に起こります。
  • 気温
    エアコンにより摂氏24度前後で一定に保たれます。
  • 湿度
    飛行時間が長くなると機内湿度は低下し、長時間のフライトでは湿度は20%以下となります。
  • 振動
    離着陸時や気流の不安定な場所を通過したときに起こります。
  • 姿勢
    長距離国際線の場合、長時間座ったままの姿勢となります。
機内と機外の環境の違い 33,000フィート <機外>気圧:0.25気圧 気温:-40〜-55℃ 湿度0% <機内>気圧:0.8気圧 気温:24℃ 湿度:10〜20%