各国/地域現地情報

プロフィール

MAP
ローテンブルク地図

「中世の宝石」と讃えられ、ドイツロマンチック街道のハイライトになっている町。タウバー川沿いの高台にあり、城壁に囲まれた街は、中世の建物や町並みをそのまま残し、当時の雰囲気を今に伝えています。


言語:ドイツ語
人口:約1.2万人

ページのトップへ

時差

日本-8時間(夏時間-7)
日本の正午は、ローテンブルクでは午前4時です。
夏時間は、3月下旬〜10月下旬です。

ページのトップへ

空港情報

なし

ページのトップへ

交通機関

乗り物 ポイント
鉄道/地下鉄 他都市からはドイツ鉄道の特急や急行を利用し、シュタイナッハで乗り換えてローテンブルク駅に到着します。

ページのトップへ

TPO

●ホテルや高級レストランでのディナーを取る際、男性は上着にネクタイ、女性はワンピースなどドレッシーな服装が必要となる場合がありますので、一着はご持参ください。

●日中や市内観光の時は、履き慣れた靴やラフなスタイルが動きやすくて快適です。

ページのトップへ

慣習・マナー

ドイツ人は音に敏感です。深夜のシャワーなどは控えましょう。

ページのトップへ

電圧/プラグ

電圧は230ボルト/50ヘルツで、日本の電気製品を使用する際は、変圧器と差し込みプラグが必要です。差し込みプラグは、C・SEタイプをご用意ください(Cタイプが一般的)。ヘアドライヤーは多くのホテルはお部屋に用意していますが、備え付けていないホテルもありますので、心配な方はご持参ください。

電圧 230ボルト
周波数 50ヘルツ
プラグ形状 プラグC プラグSE

ページのトップへ

飲料水

水道の水は飲めますが、ミネラルウォーターを飲んだほうが安心です。
<ミネラルウォーターの商品名>
ほとんどが炭酸ガス入りです。
ガスなし=エヴィアン、ヴォルヴィック、ヴィッテルなど

ページのトップへ

トイレ

街の中心部にはたいてい公衆トイレがありますが、ほとんど有料(50ユーロ・セント程度)です。
できるだけホテルやレストラン、美術館・博物館など立ち寄り先のトイレをご利用ください。

ページのトップへ

電話のかけ方

ローテンブルク→日本

ダイヤル直通国際電話
ホテルや公衆電話から、日本の通話先に直接かけるダイヤル国際電話が便利です。ホテルの客室からかける場合は、通話料金にホテルの手数料も加算されるので、かなり割高となります。ホテルのロビーや公衆電話を利用すると手数料はかかりません。ホテルのお部屋からかける時は、ホテルの外線番号からダイヤルしてください。日本の市外局番は必ず最初の0を取ってください。

ホテルのお部屋から
ダイヤル直通国際電話
(外線)+00+81+日本の市外局番(最初の0を取る)+相手番号

ページのトップへ

観光スポット

 ■市庁舎    
市庁舎    
マルクト広場に面して立つ建物で、現在も市庁舎として使用されています。16世紀に火災に遭い、焼け残った部分を利用して再建したため、広場側がルネサンス様式、アーケードがバロック、高さ約60mの塔はゴシック様式になっています。    
 ■仕掛け時計  ■聖ヤコブ教会  ■城壁
市庁舎に向かい合う15世紀の建物「市議会員宴会館」のマルクト広場側の壁面には人気の仕掛け時計マイスター・トゥルンクがあります。1日5回窓が開いて、将軍と市長がジョッキの中のワインを飲み干すコミカルな姿が見られます。 広場のすぐ近くにある14世紀建造のゴシック様式の教会。内部のステンドグラスと、主祭壇『12使徒祭壇』、リーメンシュナイダーの『聖血祭壇』などが見どころです。 市街を囲む約2.5kmの城壁は一時荒廃していましたが、世界各国の人々からの寄付で再建されました。城壁の一部は屋根付きの通路で公開されています。

ページのトップへ

お土産

お土産情報はこちら

ページのトップへ

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

パッケージツアー

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
最新!ツアー代金情報
○○○○に行くツアーはこちら!

※該当ツアーがない場合、代金情報は表示されません。

JAL海外ダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+送迎オプション
航空券と宿泊+送迎オプションを自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!