ここから本文です

機内にお持ち込み可能なお手荷物

機内へお持ち込みいただけるお手荷物のサイズや個数、そのほか注意が必要なお手荷物についてご案内します。

持ち込み可能なお手荷物のルール

お一人様1個にてお願いいたします。

機内に持ち込むことができるお手荷物は、身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグなど)1個のほか、下記の条件の手荷物1個とし、また、両者の合計重量が10kg(22ポンド)を超えないものとします。

3辺の和 サイズ 合計重量
115cm(45インチ)以内 W55cm×H40cm×D25cm
(W22インチ×H16インチ×D10インチ)以内
10kg(22ポンド)以内
A+B+C ≦ 115cm(45in)
  • 上記サイズを超えるお手荷物、および収納スペースの関係から機内にて適切に収納できないと判断されるお手荷物につきましては、搭乗ゲートおよび客室内にて受託手荷物として貨物室にお預かりさせていただく場合がございますのでご了承ください。
    また、お預けになるお手荷物のなかに電子機器(貴重品を除く)を入れる場合には、あらかじめ電源をお切りください。

お手荷物の取り扱いについて

機内で安全かつ快適にお過ごしいただくために、お手荷物は下記の観点より、座席の下、または座席上の共用収納棚への適切な収納をお願いしております。
また、お手荷物を出し入れする際は周囲のお客さまへのご配慮をお願いいたします。

負傷の原因
負傷の原因
突然の衝撃があった際に、お手元から飛び出して負傷の原因となります。
緊急脱出の妨げ
緊急脱出の妨げ
非常口や通路に飛び散って、緊急脱出の妨げになります。
衝撃防止姿勢の妨げ
衝撃防止姿勢の妨げ
緊急時に正しい衝撃防止姿勢を取る妨げになります。
  • 離着陸時、非常口・スクリーン前など、前に座席のない席では、足元や膝の上にお手荷物は置けません。
  • 国際線ビジネスクラス「JALシェルフラットシート」およびプレミアムエコノミークラス「JALスカイシェルシート」では、離陸および着陸時は座席下へお手荷物が置けません。(座席上の共用収納棚をご利用ください。)
ページトップへ戻る