各国/地域現地情報

プロフィール

MAP
アンカラ地図

アンカラは、トルコ中央アナトリア地方に位置する都市。紀元前にヒッタイトが街を開き、ローマ、ペルシャ、アラブ、セルジェクト・トルコ、、オスマン・トルコなどの支配を受けましたが、1923年10月29日に、建国の父、ケマル・アタチュルクがトルコ共和国の首都をイスタンブールからアンカラに移して再建。首都となったアンカラは、都市計画により、高層ビルも建つトルコ第2の近代都市に発展しています。


言語:トルコ語
人口:約376万人

ページのトップへ

時差

日本-7時間(夏時間-6時間)
日本の正午は、アンカラでは午前5時です。
夏時間は、3月下旬〜10月下旬です。

ページのトップへ

空港情報

■エセンボーア空港

市街地の北、約33kmに位置する空港。
市の中心までエアポートバスで所要約40分です。


空港情報はこちら

ページのトップへ

交通機関

乗り物 ポイント
タクシー ホテルの前やタクシー乗り場から乗るか、流しのタクシーを拾います。乗車したら、最初にメーターを倒したか確認しましょう。前の乗客の料金に上乗せする運転手もいるのでご注意。
鉄道/地下鉄 国鉄アンカラ駅には、イスタンブールからの特急、急行が発着しています。地下鉄はアンカライ線とメトロ線がクスライ駅で接続。観光に便利です。
バス 市内を市バスと私営バスが路線を網羅していますが、初めての旅行者にはおすすめできません。

ページのトップへ

TPO

●夏は日差しが強いので、帽子、サングラスは必需品です。歩きやすい靴、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、歯みがきセット、パジャマなどに加え、夏は水着、冬は使い捨てカイロを持参すると重宝します。

●カメラのフィルムは現地でも買えますが、値段が高いので日本から持参したほうが良いでしょう。ビデオテープはほとんど手に入りませんので多めにご持参ください。観光時にミネラルウォーターを持参すると便利です。

ページのトップへ

電圧/プラグ

電圧は220ボルト/50ヘルツで、日本の電気製品を使用する際は、変圧器と差し込みプラグが必要です。差し込みプラグはCタイプをご用意ください。ヘアドライヤーは、ホテルのお部屋に用意されている場合と、備え付けていないホテルがありますので、心配な方はご持参ください。

電圧 220ボルト
周波数 50ヘルツ
プラグ形状 プラグC

ページのトップへ

飲料水

水道の水は飲まない方が安全です。ミネラルウォーターをお飲みください。


◇トルコ・コーヒーの飲み方◇
トルコ・コーヒーは、コーヒーの粉を煮立てた砂糖入りの飲み物で、どろっとしているのが特徴です。
粉が沈んだ後で、上澄みを飲むのが一般的な飲み方です。

ページのトップへ

トイレ

なるべくホテルのトイレを利用しましょう。ホテル以外のトイレでは必ずポケットティッシュを携帯してください。
また、下水設備が整っていないので、使用したティッシュは流さずに備え付けのゴミ箱へお入れください。
観光地ではほとんどの場合、有料トイレがありますので、そちらをご利用ください。その際は小銭(25〜50クルシュ)をご用意ください。

ページのトップへ

電話のかけ方

アンカラ→日本

ダイヤル直通国際電話
ホテルや公衆電話から、日本の通話先に直接かけるダイヤル国際電話が便利です。ホテルの客室からかける場合は、通話料金にホテルの手数料も加算されるので、かなり割高となります。ホテルのロビーや公衆電話を利用すると手数料はかかりません。ホテルのお部屋からかける時は、ホテルの外線番号からダイヤルしてください。日本の市外局番は必ず最初の0を取ってください。

ホテルのお部屋から
ダイヤル直通国際電話
(外線)+00+81+日本の市外局番(最初の0を取る)+相手番号

ページのトップへ

観光スポット

 ■アタチュルク廟  ■ローマ浴場跡  ■アンカラ城塞
トルコ建国の父、ケマル・アタチュルクの霊廟。廟の奥、黒の大理石の石棺に彼が眠っています。
回廊内の博物館は、アタチュルクが生前愛用した品などを展示。衛兵交代も見られます。
3世紀にローマのカラカラ帝によって造られた大浴場の跡。土に埋もれていましたが、1939年に発見されました。屋内の浴場やサウナの跡が残されています。 ウルス地区の丘の上に立つ城砦。ローマ時代の城砦を基礎にして二重の城壁で守られています。
 ■アウグストゥス神殿  ■ゲンチリック公園  
地母神キベレと日神メンを祭る神殿。紀元前2世紀ごろに建造され、ローマ時代にローマ皇帝アウグストゥスを祭る神殿に改装された古代遺跡。 アタチュルク初代大統領が、アンカラ駅前に造った緑と水が豊かな公園で、カップルや家族連れでにぎわっています。  

ページのトップへ

観光中のご注意
! 博物館や遺跡の中には、写真撮影やフラッシュの使用を禁じているところがありますのでご注意ください。軍事施設の撮影も禁止されています。

ページのトップへ

在外大使館・公館・領事館

在トルコ日本国大使館

住所 Japonya Buyukelciligi, Resit Galip Caddesi No.81, G.O.P, 06692, Ankara, Turkey
電話 0312-446-0500
FAX 0312-437-1812
E-mail culture@jpn-emb.org.tr
ホームページ http://www.tr.emb-japan.go.jp/index_j.htm

ページのトップへ

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

パッケージツアー

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
最新!ツアー代金情報
○○○○に行くツアーはこちら!

※該当ツアーがない場合、代金情報は表示されません。

JAL海外ダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+送迎オプション
航空券と宿泊+送迎オプションを自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!