各国/地域現地情報

プロフィール

MAP
グラスゴー地図

スコットランドの産業と経済の中心地グラスゴーは、ロンドンに次ぐ大都市に成長。ヨーロッパ有数の文化都市として大いに発展し、1999年には「英国建築デザイン都市」にも選ばれています。20世紀初頭に流行したアール・ヌーボー建築で一躍有名になった建築家マッキントッシュを生み出した街でもあり、グラスゴーはデザインの発信基地として世界に知られる都市となりました。


言語:英語、スコットランド語、ゲール語
人口:約75万4,600人

ページのトップへ

時差

日本-9時間(夏時間-8時間)
日本の正午は、グラスゴーでは午前3時です。
夏時間は、3月下旬〜10月下旬です。

ページのトップへ

空港情報

■グラスゴー空港

グラスゴー市の西約15kmに位置する空港。空港から市内までのアクセスは次の通りです。

タクシー
空港のタクシー乗り場から乗ります。市内まで所要約20分です。

バス
グラスゴー・フライヤーの500番が空港ターミナル前から市内まで運行。所要約25分です。


空港情報はこちら

ページのトップへ

交通機関

乗り物 ポイント
タクシー 空港、鉄道駅、ホテルのタクシー乗り場から乗ります。流しのタクシーも拾えます。「Taxi」または「For Hire」という黄色のサインが点灯していれば空車です。
鉄道/地下鉄 市内には、国鉄のセントラル駅とクイーン・ストリート駅があり、ロンドン、エジンバラ方面を結んでいます。また、環状の地下鉄もあり、市内を歩くのに便利です。路線図で目的地と下車駅を確認してから乗車しましょう。
バス バスは網の目のように走行していますが、路線が複雑なため旅行者は利用しないほうが良いでしょう。

ページのトップへ

携行品

気候が変わりやすいので、雨具やレインコートを常に携帯されるほうが良いでしょう。

ページのトップへ

電圧/プラグ

電圧は240ボルト/50ヘルツで、日本の電気製品を使用する際は、変圧器と差し込みプラグが必要です。差し込みプラグはBFタイプをご用意ください。ヘアドライヤーは、多くのホテルはお部屋に用意していますが、備え付けていないホテルもありますので、心配な方はご持参ください。

電圧 240ボルト
周波数 50ヘルツ
プラグ形状 プラグBF

ページのトップへ

飲料水

水道の水は飲めますが、日本と違って石灰質の硬水なので、体質的に心配な方はミネラルウォーターをお飲みください。購入の際はガス(炭酸)入りと、ガスなしがあるのでご注意を。

ページのトップへ

トイレ

日本に比べ街中のトイレの数は少ないので、ホテル、レストランのトイレをご利用ください。また、デパートや駅のトイレは有料またはチップが必要という所もあるので、小銭を持っていた方が安心です。£0.2〜1程度。

ページのトップへ

電話のかけ方

国内電話

公衆電話はコイン式とカード式のほか、クレジットカードが使えるタイプもあります。まず受話器を取り、発信音が聞こえてから、カードやコインを入れて使用します。
市内通話の場合、最初の1分間が20ペンスで、その後1分につき11ペンスが加算されます。コインは10、20、50ペンス、£1が使えます。
カード式の場合、駅の売店や郵便局、市内のキオスクなどで「フォーン・カード」を購入します。カードは£3、£5、£10、£20の4種類です。

グラスゴー→日本

ダイヤル直通国際電話
ホテルや公衆電話から、日本の通話先に直接かけるダイヤル国際電話が便利です。ホテルの客室からかける場合は、通話料金にホテルの手数料も加算されるので、かなり割高となります。ホテルのロビーや公衆電話を利用すると手数料はかかりません。ホテルのお部屋からかける時は、ホテルの外線番号からダイヤルしてください。日本の市外局番は必ず最初の0を取ってください。

ホテルのお部屋から
ダイヤル直通国際電話
(外線)+00+81+日本の市外局番(最初の0を取る)+相手番号

日本語ダイヤルサービス
クレジットカードやコレクトコールなど電話料金を日本で精算できます。音声ガイドに従う方式とオペレーターにつないでもらう方式があります。

日本テレコムダイヤルジャパン TEL:0800−89−0443(日本語音声ガイド)
日本テレコムホームダイレクト TEL:0800−89−0810(日本語オペレーター)
KDDIスーパージャパンダイレクト TEL:0800−6311−001(日本語音声ガイド)
KDDIジャパンダイレクト TEL:0800−6312−001(日本語オペレーター)
ソフトバンクテレコムホームダイヤル TEL:0800−89−0860(日本語音声ガイド)

ページのトップへ

観光スポット

 ■グレンコー  ■ローモンド湖  ■アーカート城
グレンコー ローモンド湖 アーカート城
「グレンコー」はスコットランド・ゲール語で嘆きの峡谷を意味します。小さな村があり、美しい景観で知られる観光地のひとつになっています。 すべてのスコットランドの湖沼のうち最大で、貯水量はグレートブリテン島でネス湖に次いで2位(イギリス最大の湖は北アイルランドのネイ湖)。湖は国定公園の一部となっています。 ネッシー伝説で有名なネス湖畔にあります。アーカート城は、灰色の空と湖の中にひっそりと立っています。現在は、16世紀に建てられた塔を残してすっかり廃墟と化してしまっていまい、傷みがひどく修復が必要な状態となっています。

ページのトップへ

お土産

お土産情報はこちら

ページのトップへ

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

パッケージツアー

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
最新!ツアー代金情報
○○○○に行くツアーはこちら!

※該当ツアーがない場合、代金情報は表示されません。

JAL海外ダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+送迎オプション
航空券と宿泊+送迎オプションを自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!