各国/地域現地情報

プロフィール

MAP
インターラーケン地図

インターラーケンは、『湖の間』と言う意味の地名で、スイス中部のトゥーン湖とブリエンツ湖の間に開けたリゾート。12世紀にアウグスト派の修道士が建設したのが始まりで、19世紀半ばに保養地として町は発展しました。ユウングフラウ登山やハイキングの拠点として、世界各地から訪れる観光客でにぎわっています。


言語:ドイツ語(公用語)。英語とフランス語も比較的通じます。
人口:約1.5万人

ページのトップへ

時差

日本-8時間(夏時間-7時間)
日本の正午は、インターラーケンでは午前4時です(3月下旬〜10月下旬は、サマータイムの実施により日本との時差は7時間になります)。

ページのトップへ

空港情報

なし

ページのトップへ

交通機関

乗り物 ポイント
タクシー 流しのタクシーはありません。タクシー乗り場から乗るか、電話で呼びます。小さな町なので、ほとんど徒歩で用が足せます。
鉄道 ベルン方面からの列車は最初にヴェスト駅(西駅)に停車し、終点オスト駅(東駅)に到着します。ルツェルン方面からはオスト駅(東駅)に到着。
バス ヴェスト駅(西駅)とオスト駅(東駅)の間(約1.5km)を走行しています。馬車も頻繁に走っています。

ページのトップへ

TPO

ホテルや高級レストランでディナーを取る際、男性は上着にネクタイ着用、女性もワンピースなどドレッシーな服装が必要となる場合があります。
アルプスハイキングの時は、トレッキングシューズなど歩きやすい靴が必要となります。

ページのトップへ

慣習・マナー

日曜・祭日はレストランを除くほとんどの店が閉まっています。

ページのトップへ

電圧/プラグ

電圧は220ボルト/50ヘルツで、日本の電気製品を使用する際は、変圧器と差し込みプラグが必要です。スイスでは数種類のプラグを使用していますが、B・Cタイプの六角形のものが一般的です。ヘアドライヤーは多くのホテルはお部屋に用意していますが、備え付けていないホテルもありますので、心配な方はご持参ください。

電圧 220ボルト
周波数 50ヘルツ
プラグ形状 プラグB プラグC

ページのトップへ

飲料水

水道の水は飲料可能です。日本と違って硬水のため、体質的に心配な方はミネラルウォーターをお飲みください。ミネラルウォーターにはガス(炭酸)入りとガスなしがあります。

ページのトップへ

トイレ

レストランやバーのトイレを利用する際に、50サンチーム程度のチップを必要とする場合があります。女性用はコイン式もあり、通常20サンチーム硬貨や50サンチーム硬貨が必要です。

ページのトップへ

電話のかけ方

インターラーケン→日本

ダイヤル直通国際電話
ホテルや公衆電話から、日本の通話先に直接かけるダイヤル国際電話が便利です。ホテルの客室からかける場合は、通話料金にホテルの手数料も加算されるので、かなり割高となります。ホテルのロビーや公衆電話を利用すると手数料はかかりません。ホテルのお部屋からかける時は、ホテルの外線番号からダイヤルしてください。日本の市外局番は必ず最初の0を取ってください。

ホテルのお部屋から
ダイヤル直通国際電話
(外線)+00+81+日本の市外局番(最初の0を取る)+相手番号

ページのトップへ

観光スポット

 ■ユングフラウヨッホ    
ユングフラウヨッホ    
3巨峰のユングフラウ、メンヒ、アイガーです。それぞれの山の継ぎ目の平ら部分をドイツ語で『ヨッホ』といい、ユングフラウとメンヒの間の平ら部分が、『ユングフラウヨッホ』です。    

ページのトップへ

お土産

お土産情報はこちら

ページのトップへ

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

パッケージツアー

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
最新!ツアー代金情報
○○○○に行くツアーはこちら!

※該当ツアーがない場合、代金情報は表示されません。

JAL海外ダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+送迎オプション
航空券と宿泊+送迎オプションを自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!