〔メルボルン〕メルボルン空港

日本航空は、ターミナル2より発着いたします。

更新日:2020/10/23

重要

新しいウインドウで開きます新型コロナウイルス感染症影響下での各種対応状況について

搭乗手続きカウンターについて

当日の弊社便ご搭乗手続き場所については空港インフォメーション案内表示にてご確認頂きますようお願いいたします。

入国手続き

入国フロー

1

入国審査

2

荷物受け取り

3

税関

4

検疫

フロアマップ

空港情報(海外)の凡例

開く

日本航空は、メルボルン空港 ターミナル2に到着いたします。

入国制度

入国審査

事前に入国カードをご記入ください。
食品、医薬品をお持ちの場合には漏れなく申告が必要です。食品に関しては加工品、非加工品を問わず漏れなく申告してください。
入国審査の際は、パスポート、入国カードをご提出ください。ビザの確認後、パスポートと入国カードが返却されます。

  • 入国審査のご注意
    • 日本人は入国にビザが必要です。
      8時間以内に出発する国際線に乗り継ぐ場合にはビザは不要ですが、第三国への予約済みの航空券と入国に必要な書類を所持し、出発ロビーを離れないことが条件となります。
    • 日本または他対象国籍のeパスポート(IC旅券)を所持している16歳以上のお客さまは、自動入国審査端末”SmartGate“(スマートゲート)の利用が可能です。

    新しいウインドウで開きます対象国籍および“SmartGate”に関する詳細はこちら(英語)

ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスにご搭乗のお客さまへ Express Path(入国審査・税関・検疫優先レーン)のご案内
  • ビジネスクラスならびにプレミアムエコノミークラスにご搭乗のお客さまは、入国審査および税関審査の優先レーンであるExpress Pathをご利用いただけます。
  • レーン通過のための専用クーポンはメルボルンに到着する便の機内でお配りしております。
  • Express Pathの場所は入国審査場に向かって右手にございます。(入口の頭上に表示がございます)

税関検査

出口(EXIT)から税関に進み、税関係員に入国カードをご提示ください。
検疫での審査が不要と判断された場合は、入国カードは返却されません。
検疫へお進みいただく場合は、税関係員が検疫レーンの番号を案内いたします。

検疫

税関にて検疫審査が必要と判断された場合のみお進みいただきます。
税関係員から返却された入国カードをお持ちのうえ、指示のあった番号へお進みください。
すべての持ち物に関して、X線、あるいは開披検査が必要となります。

動植物検疫

肉、卵、果物、野菜、乳製品は持ち込めません。

ペット

メルボルン空港行きにおいてはペットのお預かりができません。
ペットの輸送については、国際貨物代理店にお問い合わせください。
なお、輸入制限・必要書類など動物検疫情報は渡航先の大使館または到着地の検疫所にご確認ください。

その他

ターミナル内は全館禁煙です。喫煙された場合、罰金が課せられることがあるのでご注意ください。

入国案内動画

    機内で上映されている映像です。
    以下内容を紹介しています。

    • 入国審査
    • 手荷物受取
    • 税関検査
    • 到着ロビー
    • 乗り継ぎ案内
    • 市内への交通

    映像を正しくご覧いただけない方は推奨環境をご確認ください。

    出国手続き

    出国フロー

    1

    搭乗手続き

    2

    保安検査

    3

    出国審査

    4

    税関検査

    フロアマップ

    空港情報(海外)の凡例

    開く

    日本航空は、メルボルン空港 ターミナル2より出発いたします。

    出国制度

    搭乗手続き

    搭乗手続き開始
    出発時刻の3時間前より
    カウンターでは航空券とパスポートを提示して搭乗券をお受け取りください。
    • 搭乗手続きのご注意
      • 受託手荷物は 、航空会社で預かる無料手荷物許容量とは別に、1個32kg以下に梱包しなければなりません。

    保安検査

    X線装置の機械による保安検査は出国審査前におこなわれます。

    出国審査

    • 出国審査のご注意
      • 国籍およびeパスポート(IC旅券)所持の有無に関わらず、自動出国審査端末“SmartGate”(スマートゲート)をご利用ください。

    税関検査

    出国審査の後、係員が免税品につけた領収書を回収します。
    免税品の入った袋はそれまでは開封しないでください。(開封すると罰金が課せられます)

    • 税関検査のご注意
      • 受託手荷物は 、航空会社で預かる無料手荷物許容量とは別に、1個32kg以下に梱包しなければなりません。
    GST税金の払い戻しについて
    GST払い戻しの対象物
    1. 同一の店で購入したAUD300以上且つ、出発日の前から60日以内に購入していた物品。
    2. ホテルやサービスに対して、払い戻しはありません。
    3. 品物が完全梱包されている必要はありません。
    GST払い戻し申請方法

    TAX INVOICE 、購入した品物、パスポート、搭乗券をGSTカウンターの係員にご提示ください。

    返金方法

    GST払い戻しの返金方法は、クレジットカードのみで、現金での払い戻しはありません。
    払い戻しは出発の90分前で締め切りとなります。

    注意事項

    税金の払い戻しを受けたAUD400以上の物品を再度オーストラリアに持ち込む際には申告の必要があります。
    GSTの払い戻しはオーストラリア出国後はできません。

    その他

    ターミナル内は全館禁煙です。喫煙された場合、罰金が課せられることがあるのでご注意ください。

    メルボルン空港のおすすめ情報

    日本航空サイトよりお申し込みされるお客さまへ、オーストラリアETAS登録代行サービスを格安料金でご紹介いたします。

    国際線のおすすめ

    ハワイをもっとあなたらしく、もっと思いのままに。

    往復航空券と宿泊がセットになったおトクなツアーパッケージ

    ホテル・レンタカー・Wi-Fiなど、さまざまな旅のオプションをご提供

    JALをもっとおトクに利用するためのキャンペーン