ここから本文です

ペットとおでかけチェックリスト

ペットにとって、環境がいつもと大きく変わるおでかけ中に困らないように。
事前チェックで準備をしっかり行いましょう。

チェックリスト(PDFファイル 約1.02MB)

おでかけの前に必ず確認しよう!
ペットの健康チェック

一つでも当てはまる場合は、動物病院の受診をおすすめします。

  • 元気がない
  • 息切れがあるなど、疲れやすい
  • 歩き方や行動に変化がある
  • 睡眠に変化がある
  • 体重に変化がある
  • 食事量や飲水量に変化がある
  • 排泄物の色や臭い、量、固さや、排泄の回数などに変化がある
  • 毛づやに変化や、脱毛がある
  • 体をかゆがったり、皮膚に異常がある
  • 目に濁りや充血などの異常がある
  • くしゃみや咳、鼻水や鼻血が出る
  • 口臭がある、よだれが出る
  • 歯が汚れている、歯石がある
  • 耳のなかが汚れている

〔出典〕Team HOPEウェルネスチェックシート

ペットのおでかけ持ち物チェック

大切なペットがおでかけ中に困らないように。慣れない場所で過ごすペットのために、必要なものをチェック!

  • 首輪とリード
    首輪とリードがあれば、慣れない場所にびっくりして急に走り出しても安心。
  • 迷子札
  • 好きなおやつ
    すぐ出せるようにしておきましょう。
  • フード
    いつも食べているものを用意します。一回分ずつジッパータイプの小袋に分けておくと便利です。
  • 携帯用の食器
  • 飲み慣れている水
  • 携帯用ウォーターボトル
    いつも使っている容器、あるいは手軽に水をあげられる専用の水筒があると安心です。
  • お気に入りのおもちゃ
  • お気に入りのベッド・マット類
    慣れない場所でも安心して眠れるように、いつものにおいのマットを用意してあげましょう。
  • キャリーバッグ、クレートなど
    公共の場では、決められたサイズ・素材のクレートに入れられるよう、あらかじめ準備が必要です。
  • ガムテープ
  • ウェットティッシュ、雑巾
  • 洋服や防寒具
    寒さ対策や、抜け毛が飛び散ることが気になるときなど、Tシャツのようにざっくりと着せられる洋服があると便利です。
  • レインコート
  • ブラシ
  • トイレシーツ
  • ティッシュ、新聞紙
    ロールタイプのトイレットペーパーをいくつか用意しておくと安心です。
  • ビニール袋
    ウンチや汚れたものを入れるのに、いろいろなサイズの袋を多めに用意しましょう。
  • 常備薬
  • 予防接種証明書
  • 訪問地近くの病院リスト
    具合が悪くなったり、ケガをしてしまったときのために事前に調べておきましょう。
  • お散歩袋
    お散歩中、荷物で両手がふさがってしまうのは危険です。必要なものは、1つにまとめてコンパクトに持ち運べるようにしましょう。
  • タオル
  • 消臭スプレー
  • 首輪とリード
    首輪とリードがあれば、慣れない場所にびっくりして急に走り出しても安心。
  • 好きなおやつ
  • フード
    いつも食べているものを用意します。一回分ずつジッパータイプの小袋に分けておきましょう。
  • お気に入りのおもちゃ
  • お気に入りのベッド・マット類
    慣れない場所でも安心して眠れるように、いつものにおいのマットを用意してあげましょう。
  • 混合ワクチン証明書
    預ける施設によって必要書類が異なりますので、事前に確認しておきましょう。
  • 狂犬病ワクチン証明書
    預ける施設によって必要書類が異なりますので、事前に確認しておきましょう。
  • 鑑札
    お住まいの市町村に犬を登録をすると、鑑札が交付されます。
  • シャンプー・トリートメント
    はじめての使う薬剤でアレルギーを起こすことのないよう、使い慣れたものを持参すると安心です。

ペットホテル体験レポートもチェック

飛行機移動の注意事項をチェック

ペットと飛行機でおでかけ際する際は、受託時に以下の点をチェックしましょう。

  • 使い慣れたペットシーツ
  • ノズル式の給水器
  • お水
  • 季節、気温に合わせたグッズ
    (夏場はクールマットや保冷剤などの冷却グッズを、冬場は毛布やペット用カイロなどを入れてあげましょう。)
  • 誤飲の危険があるので、ペットクレートのなかにおもちゃは入れないようにしましょう。
  • 首輪やリードは外しましょう。
ページトップへ戻る