ここから本文です

私流 JALカードの楽しみ方

私流 JALカードの楽しみ方 2018.11

タレント
南 明奈 さん

私の家にあるものは、ほぼみんな
JALカードで買いました(笑)

バラエティー番組やドラマ、CMなどに多数出演し“アッキーナ”の愛称で親しまれているタレントの南 明奈さん。今年5月に結婚し、公私共に充実した毎日を送る南さんが、JALカード会員になって10年近く経つという。
「特に何かをしなくちゃいけないわけじゃない。普通にお買い物するだけでマイルがたまるんですから、カードをつかわなきゃもったいないじゃないですか。私の家にあるものは、ほぼみんなJALカードで買ったものです」

たまったマイルをどうつかおうか考えるだけで楽しくなっちゃうと笑顔で話す南さん。そのつかい道は、どのようなものだろう?
「私はバンバン交換するより、ためておいて一気につかうタイプですね。女の子のアイドルグループのファンで、北から南まで全国のライブを追っかけて行っちゃうんですけど、そういう時に特典航空券をつかってます」

マイルは特典航空券のほか、提携先のギフト券などにも交換している。
「特典航空券で飛行機代が浮くって、すごいお得ですよね。その分で、ちょっといいホテルに泊まっちゃおうかなとか、夕食は豪勢にしようかなとか思いますもんね。先日は、特典航空券に換えられずに期限が来ちゃうマイルをアマゾンのギフト券に換えて、普段よりいいお味噌を買いました(笑)。マイルをつかってプチ贅沢してます」

仕事やプライベートで、国内外のあちこちを旅してきた南さんの、一番のお気に入りは沖縄。ここ数年は自身のマイルを特典航空券に換えて、毎年親子水入らずで訪れている。
「10代の頃にお仕事でよく沖縄に行っていたんです。でもその頃は沖縄のよさがわからなかった。お出掛けはジェットコースターがあるとこじゃなきゃ面白くないみたいな(笑)。青い海と白い砂浜、美しい景色をただ眺める。そうやって過ごすのが今はすごく楽しい。何もしないことの贅沢がわかるようになりました」

タレント 南 明奈さん

料理をするようになって、食器にも興味が湧いてきたという南さん。「沖縄の食器がすごく好き。あたたかみがあって、柄も少しずつ違って。そこがまたいいんですよね」

年齢を重ね、環境も変わったことでライフスタイルもカードのつかい方も少し変わってきた。
「今までは脇目も振らずにお仕事を頑張っていましたけど、これからはもっと自分を磨いて、暮らしを楽しみたいと思っています。最近、料理教室に通い始めたんです。毎日のように食材を買いに行くので、カードの利用明細はスーパーでの買い物ばっかり。今まではお洋服とかが多かったんで、自分のことながら、驚いています」

始まったばかりの新生活も毎日が笑顔でいっぱい。これからも南さんは、JALカードと一緒に、朗らかに人生を歩んでいく。

Akina Minami

1989年生まれ。神奈川県出身。中学2年生の時にモデルとして芸能活動を始め、ファッション誌、グラビア誌で活躍。2008年には、第45回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞。その後、CM、ドラマなどで活躍。また、個性的なネイルが注目を集め、15年から3年連続で台湾ネイル親善大使を務めた。18年5月に、お笑い芸人「よゐこ」濱口優さんと結婚。

大好きな沖縄へ。両親に感謝の気持ちを込めて

昨年、両親と石垣島を旅行した時の写真。「私のマイルで換えた特典航空券で、両親と沖縄へ旅行するのが年に一度の恒例になっているんです。現地ではクルマの運転も私がして、両親をアテンドしています。ホテル代など滞在費も私が全部JALカードで払って、たまったマイルが、翌年また沖縄へ行く時の特典航空券になるんです(笑)」

※JALグループ機内誌「SKYWARD」2018年11月号より転載

ページトップへ戻る