JMB提携航空会社特典航空券

重要なお知らせ

2020年4月30日をもって、LATAM航空はワンワールド アライアンスを脱退いたします。
2020年5月1日(金)以降も、LATAM航空(LA/JJ/XL/4M)特典航空券は継続してご利用いただけます。

現在発生しているJAL Webサイトにおける不具合については、以下をご確認ください。

横にスクロールしてください。

クラスについて

全旅程とも同じクラスでのご利用が前提です。旅程の一部において異なるクラスをご利用の場合、特典交換には上位クラスのマイル数が必要となります。

利用区間・途中降機について

  • 以下航空会社を除き、1特典で最大6区間までご利用いただけます。(地上移動区間を除く)
    大韓航空:1特典で最大2区間まで
    中国東方航空:1特典で最大4区間、うち、中国国内区間は最大2区間まで
    ハワイアン航空:最大4区間、うち、ハワイ離島内区間は最大2区間まで
    ロイヤル・エア・モロッコ:1特典で最大4区間まで
    Vistara:1特典で最大4区間まで
  • 途中降機(24時間以上の一都市滞在ならびに地上移動区間)は、旅程全体で3回まで可能です。
    ただし、中国東方航空の中国発の国際区間を含む旅程においては、中国での途中降機はできません。
  • 1特典で、1つの都市は3回までご利用いただけますが、途中降機は1都市、1回までとなります。
  • 旅程全体で1回、地上移動区間の設定が可能です。
  • 地上移動区間は、滞在時間にかかわらず1回の途中降機とみなします。
  • 地上移動される場合の2地点間は、「総旅程距離(マイル)*」に含みません。
    ただし、地上移動区間の設定によっては1特典ではご利用いただけない旅程がございます。
    例)地上移動される2地点間の距離が、第一区間出発地から地上移動区間の始点までの距離よりも長い場合など。
  • 総旅程距離は、特典航空券の交換に必要なマイル数の計算に使用。

旅程について

  • 片道でもご利用いただけます。
  • 出発地と最終帰着地が異なる旅程や、出発地と最終帰着地が異なる国でもご利用いただけます。
  • 出発地へ戻り、さらに出発地以外の都市へ行く旅程は組めません。
  • 出発国へ戻り、さらに第三国へ行く旅程は組めません。

ご利用いただける例

ご利用いただけない例

  • 運送権を持たない区間のご利用はできません。
  • 米国の法令により、米国航空会社が運航する国際線を一度も利用せずに、日本を経由する旅程(米国当局から経由とみなされる旅程を含む)にて米国から米国(ともにハワイ・グアムを含む)へのご利用はできません。
    詳細については、国際線予約・お問い合わせへご確認ください。
  • アメリカの運送制限規則により、カナダ国内の2地点間をアメリカ経由(12時間以内の滞在)で旅行する区間を含む旅程、またはメキシコ国内の2地点間をアメリカ経由(12時間以内の滞在)で旅行する区間を含む旅程はご利用いただけません。

特典航空券の重複利用・アップグレードについて

現金そのほかでの差額支払いにより、また、特典航空券とアップグレード特典の重複利用により、特典航空券をアップグレード(上のクラスに交換)することはできません。

利用期間などの制限

大韓航空

利用制限期間が以下のとおり設定されております。

日本-韓国間

2020年 1月1日、1月22日~28日、7月12日~8月16日、9月25日~10月5日、12月20日~31日
2021年 1月1日~10日、2月5日~6日、2月10日~14日、7月9日~8月15日、9月17日~25日、12月29日~31日

そのほかの提携航空会社

利用制限期間は設定されておりません。

なお、利用制限期間外であっても特典利用座席数には制限があり、ご利用いただけない場合があります。便によっては特典席の設定がない場合がございます。

  • 利用制限期間は予告なしに変更される場合がありますので、ご予約時にご確認ください。

横にスクロールしてください。