「JALグループ航空会社 個人情報の取り扱いについて」(プライバシーポリシー)の改訂のお知らせ

平素よりJALグループをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

改正個人情報保護法が2022年4月1日より施行されることに伴い、「JALグループ航空会社 個人情報の取り扱いについて」(プライバシーポリシー)の記載について変更を行いますのでお知らせいたします。

主な変更点は以下のとおりです。
  1. 個人データの管理・保護に関する「安全管理措置」についての記載を追加
  2. 「外国への個人データの移転について」の項目の追加

2022年4月1日付

 

詳細につきましては以下をご参照願います。

プライバシーポリシー 新旧対照表

横にスクロールしてください。

  2022年3月31日まで 2022年4月1日以降
1. 個人情報の取得・利用目的 (略) 現ポリシーから変更なし
2. 個人情報の管理・保護 JALグループ航空会社は、「JALグループにおける情報セキュリティ・個人情報保護に関する基本方針」に基づき、お客さまの個人情報を適正に管理し、保護いたします。

JALグループ航空会社は、「JALグループにおける情報セキュリティ・個人情報保護に関する基本方針」に基づき、お客さまの個人情報を適正に管理し、保護いたします。

 

*安全管理措置について

(1) 組織的安全管理措置

JALグループにおける情報セキュリティや個人情報の保護に関する方針や施策を決定する「リスクマネジメント・情報セキュリティ委員会」を日本航空(株)に設置するとともに、お客さまの個人情報と他の情報を厳格に分けて管理する仕組みを導入することでリスクの低減を図り、万一事故等が発生した場合には、迅速に対応できる体制を整えています。

(2) 人的安全管理措置

全グループ社員を対象に定期的に情報セキュリティ研修を実施しており、個人データの取り扱いに関する確認書を取得しています。

(3) 物理的安全管理措置

重要なお客さま情報を取り扱う区域において、従業員の入退室管理を行い、権限を有しない者による個人データの閲覧を防止しています。また、お客さまの個人データを取り扱うシステムについては、アクセス可能な端末ではインターネット接続を制限するなどの措置を講じています。

(4) 技術的安全管理措置

個人データを取り扱うシステムを外部からの不正アクセスや不正ソフトウェアから防御するための情報漏えい対策やウィルス対策などを実施するとともに、24時間365日体制で不正アクセスやウィルス感染などの脅威を監視しています。

(5) 外的環境の把握

外国へ個人データを提供する場合は、当該国の個人情報の保護に関する制度を把握した上で必要な安全管理措置を講じています。

*主要な外国の個人情報の保護の制度については以下6.(1)をご参照願います。

3. 個人データの第三者への提供 (略) 現ポリシーから変更なし
4. 業務委託先への個人情報の提供とその管理 (略) 現ポリシーから変更なし
5. 個人情報の共同利用 (略) 現ポリシーから変更なし
6. 外国への個人データの移転について  

JALグループ航空会社は、お客さまの個人データを業務委託先や提携航空会社など外国の事業者等に提供する場合、法令に定める内容に従い、必要かつ適切な措置を講じます。

また、法的に要求される場合、お客さまの出発国、到達国、通過国または経由国の税関当局および入国管理局などにお客さまの予約および旅程に関する情報(パスポート、ビザ情報およびAPIを含む)を提出する場合があります。

(1) 主要な外国の個人情報の保護の制度については以下をご参照願います。

(個人情報保護委員会WEBサイト:外国における個人情報の保護に関する制度等の調査)*1

(2) 国際線の就航地については以下をご参照願います。

国際線の路線・時刻表*2

7. 開示等の請求方法およびお問い合わせ窓口 (略) 現ポリシーから変更なし

*1

*2

「JALグループ航空会社 個人情報の取り扱いについて」は以下をご覧ください。

2022年4月1日

日本航空