機内の空気循環について

機内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れ機内で循環させ、その後、機外へ排出することにより、概ね2〜3分ですべて入れ替わる仕組みになっています。

またJALグループで運航するすべてのジェット機には、機内で循環する空気を清潔に保つための高性能空気フィルター*を装備しております。

  • High-Efficiency Particulate Air (HEPA) Filter 、0.3μmのサイズの粒子に関して99.97%以上の粒子を捕集

HEPAフィルター通過イメージ

  1. 機外の空気をエンジンで圧縮し機内へ送り込む(ボーイング787型機では専用の圧縮装置を使用)
  2. エアコン装置で温度調整し、天井から客室内に送風
  3. 客室内の空気は、機内外の差圧により床下に流れ、胴体下部にある開閉弁を通って機外へ
  4. 床下に流れた空気の一部をHEPAフィルターで清浄し送風量を増加

安心してご搭乗いただくために、運航乗務員が機内の空気循環の仕組みを解説しています。参考としてご参照ください。

2020年5月14日

日本航空