機内の空気循環について

飛行中、機内の空気は概ね2分~3分で入れ替わり、清潔な空気で保たれます。

ポイント1

常に機外から新鮮な空気を取り入れ、2分~3分程度という短い時間ですべて機外に排出されます。

ポイント2

機内を循環する空気は、高性能空気フィルター*を通ることにより清潔に保たれます。

  • High-Efficiency Particulate Air (HEPA) Filter 、0.3μmのサイズの粒子に関して99.97%以上の粒子を捕集します。直径0.1μm程度の新型コロナウイルスは、不規則な動きをするため、フィルター繊維にあたって捕捉されます。

ポイント3

客室内の空気は、常に天井から床下へ流れて特定の場所に滞留はしません。

機内の空気循環のイメージ

  1. 機外の空気をエンジンで圧縮し機内へ送り込む(ボーイング787型機では専用の圧縮装置を使用)
  2. エアコン装置で温度調整し、天井から客室内に送風
  3. 客室内の空気は、機内外の差圧により床下に流れ、胴体下部にある開閉弁を通って機外へ
  4. 床下に流れた空気の一部をHEPAフィルターで清浄し送風量を増加
    (北海道エアシステム、および日本エアコミューターで運航するATR型機では、概ね4分~6分で客室内の空気がすべて入れ替わり、北海道エアシステム運航のSAAB340B型機では、4分~5分程度で換気される仕組みとなっております。これらの機材はHEPAフィルターではない手法で清潔な空気を保っています。)

安心してご搭乗いただくために、運航乗務員が機内の空気循環の仕組みを解説しています。参考としてご参照ください。

2020年7月31日

日本航空