お手荷物について

機内に持ち込み可能なお手荷物や、お預けの手荷物についてのルールやご注意点、電子機器類のご使用方法についてご案内いたします。

機内での電子機器類の使用に関するご注意

JALグループは、2014年9月1日からの航空法に定める「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正にともない、国の定める航空機の電波耐性確認要領に従い航空機の安全に影響のないことを確認のうえ、機内での電子機器の使用を次のとおり変更いたしました。
使用が制限される電子機器は、飛行機のドアが閉まり、客室乗務員からの案内がありましたら、機内モード等の電波を発しない状態とするか、電源をお切りください。違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられることがあります。(航空法施行規則第164条15)
また、おあずけになる手荷物のなかに電子機器(貴重品を除く)を入れる場合には、あらかじめ電源をお切りください。

(1)作動時に電波を発する状態にあるもの
・携帯電話
・PHS
・トランシーバー
・無線操縦玩具
・ワイヤレスマイク
・パーソナルコンピュータ
・携帯情報端末
・電子ゲーム機
・携帯型データ通信端末
  • ・無線式ヘッドホン、無線式イヤホン、ICタグ(電池式)および他の電子機器と無線通信を行う機能を有するもの(Bluetoothなど)(*2)
  • *2 ただし、下記の機材では常にご利用いただけます。そのほかの機材(※)は上記と同様の制限になります。
JAL(日本航空)737-800、767、777、787 JAC(日本エアコミューター)DHC8-Q400 J-AIR(ジェイ・エア)CRJ-200、EMBRAER170、EMBRAER190
JTA(日本トランスオーシャン航空)737-800 RAC(琉球エアコミューター)DHC8-Q400
  • ※JTA(日本トランスオーシャン航空)737-400JAC(日本エアコミューター)SAAB340BRAC(琉球エアーコミューター)DHC8-Q100/Q300
(2)作動時に電波を発しない状態にあるもの
上記(1)のうち、作動時に電波を発信しない状態(*3)にあるもの。また以下のもの。
・テレビ
・ラジオ
・ポケットベル
・GPS受信機
・ビデオカメラ
・ビデオプレーヤー
・DVDプレーヤー
・デジタルカメラ
・デジタルオーディオ機器
・有線かつ電池式ヘッドホン
・有線かつ電池式イヤホン
・ワードプロセッサー
・電子手帳、電子辞書
・プリンター
・充電器
・愛玩用おもちゃ"電子ペット"(音声または接触に感応してスピーカーおよびモーターが作動するものに限る)
・作動時に電波を発しないそのほかの電子機器、電気製品(電動シェーバーなど)
  • *3 電波を発信しない状態とは、電源をONにしていても通話やメールの送受信機能がOFFになっている状態を指します。
  • 一部の空港では、通常のX線検査に加え、CTスキャナーによる再検査が行われる場合がございます。
    その際X線の照射量が増え、写真フィルムへの影響がでることが考えられますので、写真フィルムはお手荷物と一緒に機内へお持ちになることをおすすめいたします。

ページのトップへ