ここから本文です

お手荷物の不具合について(破損・紛失・お忘れ物)

他社運航のコードシェア便については、運航していた航空会社へお問い合わせください。

コードシェア(共同運航)便について

お手荷物の破損

到着時に破損に気付かれた場合は、すぐに空港係員にご申告ください。
空港を離れた後に破損に気付かれた場合は、申告期限内(受け取りの翌日から7日以内)にご連絡ください。

  • 申告期限を過ぎると対応できませんのでご注意ください。

お客さまには多大なるご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。
なお、お手荷物の破損については、国内線運送約款に沿って対応いたします。

国内線運送約款

免責事項、補償について

免責事項

お預かりした手荷物の取り扱いには十分注意しておりますが、以下については万一損害が生じてもその責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

  • 楽器・スポーツ用品(サーフボード、ウインドサーフィン用具、スキューバギア、自転車など)・陶磁器・ガラス製品・酒類などの壊れやすいもの、固有の欠陥、または性質から生じたもの
  • 過重量・過容量による破損、早急化など手荷物固有の不具合に起因した破損
  • 着脱式キャスター・ストラップ・フック・名札・ベルトなど突起した付属品の欠損、軽微な破損(擦り傷・切り傷・へこみ・汚れ)
  • 米国TSA(Transport Security Administration)など各国の実施する保安検査等に起因した破損

米国TSA(Transport Security Administration)

補償について

補償の対象となる破損については、原則として修理対応いたしますが、破損の程度や時間的要因などによっては修理以外のご案内をさせていただく場合もございます。
価格申告のないお手荷物および身の回り品についての賠償限度額(手荷物破損などの原因が当社にある場合においてお支払いできる金額)は、お客さま一人あたり15万円までです。実際の価格が15万円を超える場合は15万円を超える額につき1万円ごとに10円の従価料金をお支払いいただいた場合に限り、申告価額を賠償限度額といたします。 ただし、賠償金額は実際の価額を超えることはありません。なお本制度は会社有責時のみ適用されますので、保険制度と異なる点にご注意ください。

なお免責事項に当てはまる場合など、補償の対象外となる場合もございますのでご了承ください。

お手荷物の紛失

お預けになったお手荷物を到着地で受け取ることができなかった場合は、すぐに係員にご申告ください。
その場でお手荷物の捜索ならびに必要な手続きをいたします。

お手荷物が発見された場合
今後必要な手続きや返却についてご案内し、お客さまのもとへお届けします。
お手荷物の所在がわからない場合
お手荷物の捜索ならびに今後必要な手続きについてご案内します。
翌日以降、お手荷物の情報を原則毎日ご連絡いたしますが、ご申告から10日間程度捜索したにも関わらず発見に至らない場合は、賠償についてご案内させていただきます。

内容品申告、賠償について

内容品申告について

捜索の手がかりとさせていただくため、口頭や書面にて内容品を詳しくお伺いする場合がございます。
いただいた情報は、賠償の際に参考にさせていただく大切な情報となります。

賠償について

お手荷物の発見に至らなかった場合、ご申告から10日目以降で国内線運送約款に沿って賠償いたします。賠償の方法や賠償額などの詳細は、専門の担当者よりご連絡いたします。

国内線運送約款

お手荷物の引き取り忘れ・間違い

受託手荷物は、到着後にお客さま自身で手荷物合符番号を確認のうえ、お引き取りいただく必要がございます。
万一、お手荷物を引き取り忘れた場合や第三者のお手荷物を誤って引き取った場合は、直ちに到着地空港へお戻りいただき係員へご申告ください。

お手荷物の返却
  • お手荷物をご指定の場所にお届けします。
  • お手荷物を引き取り間違えた場合は到着地空港へ連絡のうえ、お手荷物を送付してください。
  • なお配送費はお客さま負担となりますので引き取り間違いのないようご注意ください。

機内・ラウンジでのお忘れ物

機内・ラウンジでのお忘れ物についての問い合わせ弊社にて承ります。JALホームページ・モバイルサイトでの検索も可能です。
空港ターミナルビルでのお忘れ物は、各空港ビルにお問い合わせください。

ページトップへ戻る