ペット・動物をお預けのお客さまへ

動物(ペット)の貨物輸送についてご案内いたします。

お預けの手続き方法は、国内線と国際線で異なります。以下をご確認の上、お預けください。

動物(ペット)を安全にお運びする取り組み

動物(ペット)を安全にお運びするため、専門家のアドバイスの下にさまざまな取り組みを行っております。
お引き受けからお引き渡しまでのサービスの流れはこちらでご覧いただけます。

お引き受けからお引き渡しまでの流れ

輸送環境

お預けいただけない動物(ペット)

  • 生後8週間(56 日)以内の犬および猫
  • ブルドッグ、フレンチブルドッグなどの短頭犬種

お預けいただけない短頭犬種

  • カニクイ猿、アフリカミドリ猿、赤毛猿
  • 公的機関、もしくは個人所有を除く野鳥
  • 実験を目的とした犬・猿類
  • 条例や法令にて輸送が禁止されている動物
  • 輸送に適さない容器(クレート)に入れられた動物
  • その他、弊社が指定する動物

お預けいただけない短頭犬種

短頭犬は他の犬種と比較して高温に弱く、熱中症や呼吸困難を引き起こすおそれがあることからお預けを制限させていただいております。

ブルドッグ・フレンチブルドッグ

ブルドッグ、フレンチブルドッグは年間通期お預かりできません。
(国際貨物・国内貨物共通)

その他の短頭犬種

以下21種の犬種は、国際貨物の場合で年間通期、国内貨物の場合で夏季期間中(毎年5月1日から10月31日まで)お預けいただけません。

アーフェンピンシャー イタリアン・コルソ・ドック キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
キング・チャールズ・スパニエル シーズー シャー・ペイ
スタッフォード・シャー・ブル・テリア チベタン・スパニエル チャウチャウ
チン パグ ピット・ブル
ブル・テリア ブリュッセル・グリフォン ペキニーズ
ペロ・デ・プレサ・カナリオ ボクサー ボストン・テリア
ボルドー・マスティフ マスティフ ラサ・アプソ
  • 上記犬種以外は、類似した犬種名であってもお預けいただけます。

輸送容器(クレート)

お客さまの責任において、以下の条件を満たす輸送容器をご手配いただくようお願いいたします。

  • *1動物が立ったまま方向転換したり、脚を伸ばして立ったり座ったりできる十分な大きさで、以下の目安を満たすもの。(IATA動物規則8章CONTAINER REQUIREMENT1に準ずる)
縦:
体長(A)+足の長さ(B)の1/2
横:
肩幅(C)の2倍
高さ:
動物が立った時に、ペットクレートの天井に頭がつかない程度(D)
  • *2原則として持ち運び用に作られたペットクレートであり、強固な材質のもの。
  • *3通気が十分にされる構造であるもの。
  • *4扉(蓋)がある場合は外側からロックが掛かる構造になっていること。
  • *5容器の留め具がある場合、しっかりと固定されていること。
  • *6破損がなく、隙間や継目から動物が逃げないような構造であること。
  • *7以下の例のような容器や、係員が不適切と判断した場合は、ご予約済みであってもお引き受けできません。
  • 段ボール箱

  • ソフトケース

  • 衣装ケース

  • 強度の低いプラスチック製

  • 蓋が段ボール

  • 上下の容器が補強金具で固定されており、万一ペットに異状が見られた場合、給水などの処置ができない

  • *8体重が5kg以上の全ての犬種、および成犬・幼犬を問わず弊社が指定する特定犬種の場合、金属製の容器であること(国内輸送のみ)。
秋田犬 紀州犬 グレートデーン
シェパード セントバーナード 土佐犬
ドーベルマン ボクサー
  • *9金属製容器の例
  • 受託可能な金属製容器の定義:接合部分・ロック部分を含む全てが金属製であること。ただし、強度に影響しない付属部品を除く(汚物用トレーなど)。

お預けの際の注意事項

夏季期間(5月1日から10月31日まで)

高温・多湿の環境となりますので、特に体温発散の効率が悪い一部の小型犬についてはお預けいただく前に十分な水分補給をお願いいたします。また暑さに弱い子犬、高齢犬、短頭犬種は、輸送の時期・時間に十分ご留意ください。短頭犬種につきましては犬種に制限がございますので、こちらも併せてご留意ください。

当該期間は全ての犬種において、他社との相次運送を含み2区間以上の経由便輸送をお受けしておりません。

冬季期間

零度を下回る場合もあり、厳しい温度環境となりますので寒さに弱い場合は輸送について十分ご留意ください。

    その他
  • 日常生活とは大きく異なる輸送環境においては、ペットの健康状態にさまざまな影響を与える可能性がございます。
  • お預かりする貨物室の大きさには制限があり、搭載状況によって輸送便が変更となる場合がございます。
  • お預かりした後、弊社係員による食事や水分補給のお世話は実施しておりません。

お預け手続きの流れ

国内貨物の場合

STEP1
事前確認

輸送環境、輸送制限、輸送容器(クレート)などの注意事項をご確認ください。

STEP2
事前予約

出発空港の貨物営業所にてご予約を承ります。

  • 事前にご予約いただいていない場合、お預かりできかねる場合がございます。
  • 代理店のお客さまは予約ポータルサイトより事前予約をお願いします。

STEP3
お預け

ご予約便の出発90分前までに、出発空港の貨物営業所までお預けください。
上記時間までに全ての手続きが完了している必要があります。
上記時間までに手続きが完了しない場合は希望便への搭載を承ることができませんので、お時間には十分余裕を持ってお越しください。

STEP4
お手続き

貨物カウンターにて、発送に必要なデータをシステムにご登録いただきます。
また動物申告書の内容にご同意いただきます。

STEP5
運賃のお支払い

重量および容器のサイズから運賃を算出します。動物は一般運賃の5割り増しとなります。詳しくは以下をご覧ください。

国際貨物の場合

さまざまなお手続きが必要なため、航空貨物代理店さまを介してご予約をいただくのが一般的となっております。
なお、検疫などの理由により輸送する宛先国によって必要書類やお手続きが異なりますので、お客さまご自身で動物検疫所へ事前にご確認いただきますようお願いいたします。

一般的には以下の書類が必要です。

  • 「動物申告書(国際貨物)」(荷主さまよりJALグループへのご申告)
  • 「輸出検疫証明書」(動物検疫所から発行)
  • 「予防接種証明書」(獣医師から発行)

「動物申告書」につきましては、お客さまにて内容を確認の上ご署名いただき、他の必要書類とともに航空貨物運送状に添付の上、ご提出いただきますようよろしくお願いいたします。

国際貨物の「動物申告書」(PDFファイル 約233KB)

ページトップへ戻る