JALグループの七夕祭りJAL Group Tanabata Festival 星に願いを。明日へ想いを。

「JALグループの七夕祭り」について

「JALグループの七夕祭り」では、毎年皆さまの願い事をお預かりいたします。
JALグループ国内線チェックインカウンターまたは搭乗待合室に笹と短冊をご用意しておりますので、ぜひお願いごとをしてみませんか。
皆さまにご記入いただいた願いはJALの飛行機にのせて、仙台の「大崎八幡宮」に奉納祈願いたします。
短冊に込められた願いが叶いますよう心を込めて。

全国のお客さまからお預かりしました約28,500枚の短冊は、
願い事が叶うように祈りを込めて、8月20日に仙台市の大崎八幡宮に祈願奉納いたしました。

大崎八幡宮

平安の昔、東夷征伐に際して坂上田村麻呂は、武運長久を祈念すべく武門の守護神である宇佐八幡宮を現在の岩手県水沢市に勧請、鎮守府八幡宮を創祀しました。
その後、室町時代に奥州管領大崎氏はこれを自領内の現宮城県大崎市に遷祀し守護神として篤く崇敬したため、世に大崎八幡宮と呼ばれました。

大崎氏の滅亡後は伊達政宗公が居城の玉造郡岩出山城内の小祠に御神体を遷し、仙台開府後仙台城の乾(北西)の方角にあたる現在の地に祀られました。
この際に旧領の羽前国米沢にて代々崇敬しておりました成島八幡宮と共に祀られました。
社殿の造営にあたっては、当時豊臣家に仕えていた当代随一の工匠が招聘され、その手に成った御社殿は豪壮にして華麗なる桃山建築の特色が遺憾なく発揮されており、仙台62万石の総鎮守として伊達家の威風と遷宮当時の絢爛たる息吹とを今に伝えております。

藩政時代を通じ歴代藩主の篤い尊崇を受け、明治以降は大崎八幡神社と称しておりましたが、平成9年、社名を大崎八幡宮に復し、現在に至っております。

募集期間&実施場所

  • 募集期間:7月3日(金)〜7月7日(火)の5日間
  • 実施場所:JALグループの国内チェックインカウンターまたは搭乗待合室
  • ※海外空港でも一部実施しております。
  • ※空港により実施時期が異なる場合がございます。また、一部空港では短冊をご提供していない場合もございますので、ご了承ください。

短冊に願い事を書いていただき笹に結んでいただきました

今年は7月3日(金)〜7日(火)の5日間、各空港の日本航空グループチェックインカウンターまたはゲート、ラウンジで短冊に願い事を書いていただき笹に結んでいただきました。
全国のお客さまからお預かりしました約28,500枚の短冊は、願い事が叶うように祈りを込めて、8月20日(木)に仙台市の大崎八幡宮に祈願奉納いたしました。

  • 羽田空港
  • 関西空港
  • 那覇空港
  • 台湾空港
  • シドニー空港

空席照会・ご予約はこちら

チケットモジュール

ページのトップへ