• TOP
  • シート
  • お食事・お飲み物
  • 機内エンターテインメント
  • その他のサービス

Drinksお飲み物

最高級のおもてなしでお迎えします。

JALワインアドバイザリー大越基裕氏が厳選したワインを提供

ワインテイスター・ワインディレクターとして広く活躍されている大越基裕氏をJALワインアドバイザーに迎え、大越氏とともにソムリエ資格をもつ客室乗務員が厳選したワインを、お食事とともにお楽しみください。

JALワインセレクション

JALファーストクラスでは世界各国から厳選されたワインセレクションをご堪能いただけます。最上級のお食事とご一緒に極上のひとときをお過ごしください。

入手困難な日本酒の希少銘柄が次々と登場。焼酎は、ご好評いただいている本格芋焼酎「森伊蔵」に加えて今話題の麦焼酎「兼八」もご用意しました。

シャンパーニュ サロン

ファーストクラスでサロン社のシャンパンをサービス!SALON2004を世界にさきがけてファーストクラスでお楽しみいただけます。「ファーストクラス」。世界で唯一「幻のシャンパン」サロンの芳醇な味と香りをお楽しみいただける空。

サロンは最高級のシャルドネのみを使用し、品質のよいブドウが収穫できた年にしか生産されません。飲み頃が来るまでに長期の熟成を要し、生産量も少ないことから希少価値が高く、数あるシャンパーニュのなかでもその最高峰のひとつとなっております。
詳しくはこちら
JALワインセレクション
シャンパーニュ サロン 2004

内に火山を秘めているかのよう。澄んだ穏やかさと将来の成熟を楽しむとともに、今すでに力強さがはっきり感じられます。強いミネラル感とともに海の潮の香りも感じられ、豊かな酸味と洗練された清らかさを持ち合わせた2004年ヴィンテージの力強い味わいをお楽しみください。

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・マシュレル 2012

フランス・ブルゴーニュ地方で、1885年から続く造り手です。畑の所有も幅広く、様々な村のブルゴーニュワインを造っていますが、中でもとりわけこのシャサーニュ モンラッシェは、秀逸な村のひとつ。洋梨のようなニュアンスに、シナモンやアーモンドの花の風味を持ち、柔らかなアタックで心地よい酸味と塩味がバランス良く果実味に溶け合ったワインです。

シャトー ド・フューザル ペサック・レオニャン 2009

フランス・ボルドー地方、グラーブ地区の歴史あるワイナリーです。このシャトーはこの地区で16シャトーしか認定されていない各付けクラスの造り手です。良く熟したカシスや甘苦系のスパイスの香りと落ち葉のような熟成感。また凝縮感があり、豊かで丸みのあるアタックは2009年の熟度の上がった年ならではの充実した味わいをお楽しみいただけます。

ヴォルネイ プルミエ・クリュ シュヴレ 2010

フランス・ブルゴーニュを代表する生産者。ブラックチェリーのフレッシュな風味を主体に、軽やかな甘草のニュアンスの香りが特徴です。味わいもクリアな果実感が程よい凝縮度を持っており、明確でフレッシュな酸とタンニンによって、素晴らしくバランスがとれています。しっかりとした骨格と、華やかで広がりのあるフレーヴァーが印象的なワインです。

「日本の匠」海外で活躍している日本人の手がけるワインをご紹介いたします。
シャトー・イガイタカハ 園 ピノ・ノワール2013

自身の家紋をワイナリー名にしたシャトー・イガイタカハのフラグシップ赤ワインです。オーナー夫人である杉本美代子をイメージして造り上げました。『園』の名は、旧姓である『園田』とニックネームだった『SONO』から。しっかりした果実味と上品な酸、ミネラル感が高い次元で融合している珠玉のワインです。

クスダ マーティンボロー ピノ・ノワール 2013

ドイツ・ガイゼンハイム大学を卒業後、楠田浩之さんは「世界を驚かすようなピノ・ノワールのワインを造りたい」、と2001年5月にニュージーランド・マーティンボローに一家で移住しました。ピノ・ノワールはイギリスのワイン評論家、ジャンシス・ロビンソンに絶賛されて、世界の一流醸造家に仲間入りしました。

*銘柄は変更される場合がございます。数に限りがあるため、ご希望に沿えない場合もございます。

大越 基裕 プロフィール

SUGALABO ワインディレクター
大越 基裕(Motohiro Okoshi)

・2003年 第一回「JALUX WINE AWARD」優勝
・ACADEMIE DU VIN 講師
・国際ソムリエ協会 インターナショナルA.S.Iソムリエ・ディプロマ

1976年4月24日 北海道札幌市生まれ。バーテンダー からサービス業界に入る。ワインに魅せられて渡仏し、帰国後2000年にソムリエ資格を取得。様々なコンクールや実践で経験を積んだのち、更にワインの奥 深さを知るために、再び2006年より2年半渡仏し栽培、醸造の分野を勉強する。現在も、様々な国のワイナリーや生産者の元へ足を運び、日本初のワインテ イスター、ワインディレクターとして、ワインの本質を伝え続けている。ワインだけでなく、日本酒、焼酎にも精通しており、ワインと日本酒を組み合わせた大 越氏ならではの食事とのマリアージュにも定評がある。

ロイヤルブルーティー
ワイングラスで愉しむお茶

※2011年5月よりご提供いたします。
中国茶の一種である高級青茶。その選び抜かれた手摘み茶葉を厳選し、3〜7日間かけて抽出したお茶をワインボトルにボトリング。
ロイヤルブルーティーの「QUEEN OF BLUE」は、お酒が飲めない方の食中ドリンクとしてご提供いたします。

グラスから立ち上る馥郁たる香りと共に、お食事をお楽しみください。

JALからの大切なお願い
飛行機を降りた後、車などを運転するご予定のお客さまは、ご搭乗中のアルコール飲料をお控えいただきますよう、お願い申し上げます。飲酒運転は法律で禁止されています。

ページのトップへ