東北の玄関口、宮城のJALの「顔」となる会社

NEWS新着情報

2023年12月1日
新卒・既卒採用開始
2023年6月16日
既卒採用開始
2023年4月1日
サイトリニューアル

数字で見るJALスカイ仙台JAL SKY SENDAI

  • 01 社員数 54名 男子11名 女子43名 ※2023年4月1日現在
  • 02 平均勤続年数 13.7年 ※2023年4月1日現在
  • 03 年代別在籍者数 20代 23名 30代 8名 40代 23名 50代 8名
  • 04 平均残業時間(1月当たり)1.63時間/人 ※2022月9月1日~12月31日実績
  • 05 入社5年未満の退職率 0% 2022年度実績
  • 06 健康診断受診率 100% 2022年度実績
  • 07 仙台空港までの所要時間 仙台市内 24分(電車) 松島 35分(車) 山形市 約60分(車) 東京 1時間24分(新幹線)
  • 08 仙台空港から飛行機で行けるところ 札幌 1時間15分 大阪 1時間30分 福岡 2時間15分 台湾 3時間30分 バンコク 7時間40分 ※おおよその所要時間です

JALスカイ仙台で働く社員の声Employee voice

JALスカイ仙台歴4年
空港オペレーション部第三旅客グループ

  • JALスカイ仙台をひとことで表すと?

    「先輩後輩すべて通してコミュニケーションが密」です。

  • どうしてJALスカイ仙台を選んだのですか?

    JALスカイ仙台は、退職者が少ないがゆえに長らく採用を行っていなかったという話を聞いていました。結婚や出産をしても働ける環境が整っており、また社内の雰囲気もいいからだろうと考えました。私もここで長く働くことができるだろうと思ったので、タイミングよく採用のお話があったので応募しました。
    実際に入社してみると、数回の産休や育休を経た後でもお仕事を続けている方が何名もいて、復職したあとのサポートも手厚いため、家庭があっても働きやすい環境にあると感じています。

  • この会社の気に入っているところは何ですか?

    社員全員とコミュニケーションを取れることです。
    旅客担当の組織は3つのグループに分かれており、基本はグループごとにシフトが動くので同じチームの人と働くことが多いですが、他のグループの人と一緒に働くこともあります。
    そういったときでも、日ごろから会話が密なので、みんながどういった人かを認識できていて、不安なく働きやすい雰囲気があります。
    また他部門を含め、オフィス内では時々笑い声があがったりと、常に和やかな空気であるところがいいところです。

JALスカイ仙台歴5年
JALスカイにて勤務ののちJALスカイ仙台に転職
空港オペレーション部ステーションオペレーショングループ

  • JALスカイ仙台をひとことで表すと?

    程よい距離感のいいチームだと思います。

  • どうしてJALスカイ仙台を選んだのですか?

    大学時代に部活動でグライダーの搭乗を行っていた経験から、飛行機を飛ばす仕事がしたいと思うようになりました。大学卒業後は JALスカイの前身の会社に入社し、運航管理補助、業務部などを成田空港で経験をしておりました。10年ほど働いた後、地元に近い 場所で働き地域に貢献したいと考え、いままでの経験と知識を活かせる、同じJALグループであるJALスカイ仙台で働くことを選び ました。

  • この会社の気に入っているところは何ですか?

    活発に意見を言い合うことができ、信頼関係ができています。より安心、安全、快適な飛行機へのご搭乗をお客さまにお届けできるよう、社員一丸となっているところが好きです。
    プライベートでは趣味を楽しんでいる社員も多く、いろいろなお話を聞くことが出来、とても面白いです。私は個人的には飛行機を 見るのが好きなので、(運が良ければ)珍しい飛行機を目の前で見られることも嬉しいです。

いいとこだっちゃ!宮城!!Love, MIYAGI

  • とても暮らしやすい宮城県の気候
    宮城県は東北地方の南部・太平洋側に位置し、気候は一年を通じ比較的穏やかです。
    夏場は海風によりおおむね冷涼な傾向でそれほど暑くなく、冬場は山越えの乾いた風が吹き、晴れる日が多く、特に仙台市や仙台空港のある名取市は東北にありながら雪も少なく暮らし易い気候に恵まれています。
    海・山・川・平野の自然が豊かで、とても暮らしやすい宮城県をつくっています。
  • 住みやすいところ宮城県
    気候がいいところは言わずもがなですが、何より住むには食べ物が大事!古来より、米どころの宮城県のお米は一級品。
    塩釜に行けば、新鮮な海鮮が食べられ、登米を中心に仙台牛が有名で、亘理にはおいしい果物がいっぱい。四季それぞれでおいしいものが違っていて、食に飽きない、宮城です。
    気候、食べ物、交通、全部が整う住みやすい故郷です!
  • 四季を感じる楽しみ満載 宮城!!
    [春]春は一目千本桜の圧巻の景色を散歩しながら満喫し、仙台市内では青葉まつりで杜の都を五感で体感。
    [夏]すずめ踊りを楽しんで。松島の島巡り、石巻の川開き祭りそして何と言っても仙台七夕まつりで夏の風情を堪能。
    [秋]鳴子で紅葉の絶景を見ながら、七種類の泉質が楽しめる鳴子温泉でリラックス。ジャズフェスティバルや仙台クラッシックフェスティバル(通称:せんくら)で町中が音楽で溢れます。
    [冬]東北の凛とした空気を通して蔵王山でのスキー、定禅寺通りの光のページェントは必見!
  • 各地へアクセス抜群、適度に都会な宮城!
    仙台空港から飛行機で札幌・名古屋・大阪・福岡・沖縄へは乗継なし!
    乗り継げば北陸・山陰・四国・九州各地へも行けちゃいます。
    東京なら新幹線で約1時間半!程よく都会で、程よく田舎が心地よくて離れられません!
  • 東北のハワイ!宮城
    宮城県は東北の中では比較的暖かく、積雪は少ないです。また夏は比較的涼しく大暑になる日は少なく、1年を通して快適で過ごしやすい気候です。
    都心から山も海も近く、夏はサーフィンやSUP、冬はスノーボードやスキーなど、スポーツアクティビティも盛んな土地です。
  • 移住者に優しい宮城
    ご飯がおいしい、自然が多い、街もある、東北のどこにでも行ける、そして何よりも人が優しい。今のところ良いところしか見つかっていません。
    首都圏・関西圏とは違った住みやすさがあり、すでに虜です。
Copyright © JALSky Sendai Co., Ltd. All rights reserved.