各国現地情報

プロフィール

MAP
ベトナム地図 ハノイ ホーチミン

ベトナムは、東南アジアのインドシナ半島の東部に位置する国で、正式名称はベトナム社会主義共和国。面積は約33万km2、首都はハノイです。
ベトナムの起源は、紀元前1000年ごろベトナム北部に建国されたヴァラン(文郎)国といわれ、長く中国に支配されました。1883年にフランスの保護領となり、第2次世界大戦では日本に占領されましたが、1945年独立を宣言。独立を認めないフランスとインドシナ戦争が勃発し、1954年5月7日、ディエンビエンフーの戦いでフランス軍を敗北させ、北緯17度を軍事境界線とする休戦協定が成立しました。北はホー・チ・ミンが率いるベトナム民主共和国、南は米国の傀儡(かいらい)政権ゴ・ディン・ジエム大統領のベトナム共和国が樹立されました。統一を悲願とするベトナム民主共和国は、1960年にベトナムを統一する憲法を公布。南ベトナムでも、1954年に「サイゴン・チョロ平和委員会」1960年には「南ベトナム解放民族戦線」ができて、ジエム政権に抵抗しました。崩壊の危機に瀕した南ベトナム政権を支援するため、米国は1965年2月から北爆を開始し、本格的なベトナム戦争に突入。ベトナムの強い抵抗に、戦況は泥沼化して米軍は1973年に撤退を開始。1975年4月30日、サイゴンが陥落してベトナム戦争が終わりました。1976年に南北の統一が実現しましたが、カンボジアへの侵攻、中越紛争、社会主義の行き詰まりで国際難民の発生などでベトナムは危機に瀕しましたが、新経済政策「ドイモイ」路線を起用して、1990年代には急成長しました。1995年には米国とも国交を正常化し、東南アジア諸国連合(ASEAN)にも加盟し、目覚しい発展を続けています。
ベトナムには、景勝地ハロン湾や、古都ホイアン、フエの建造物群、ヒンドゥー教の聖地ミーソン遺跡などの世界遺産があり、美しい町並みが残るホーチミンや、ハノイの旧市街などを訪れる旅行者は年間380万人を超えています。
言語:ベトナム語

ページのトップへ

渡航手続き

ビザ・パスポート情報はこちら 出入国カード情報はこちら

ページのトップへ

通貨/両替

通貨

通貨単位 ドン
紙幣の種類 12種類
100、200、500、1,000、2,000、5,000、10,000、20,000、50,000、100,000、200,000、500,000ドン
硬貨の種類 5種類
200、500、1,000、2,000、5,000ドン

両替

ベトナムでは ホテルでの両替をおすすめします。
再両替は時間がかかるため、使い切る分だけを両替するようにしましょう。
両替の際にはパスポートをご用意ください。

ベトナム通貨「ドン」への両替をオススメします。これまでベトナムでは自国通貨ドンと同様にUSドルも利用可能でしたが、ベトナム政府の方針により、ドル表示を廃止し、全てドン表示に変えるように通達が出ています。レストラン・雑貨店等でUSドルの受け取りが拒否されたケースも発生しておりますので、あらかじめご留意ください。


為替情報はこちら

ページのトップへ

通関

持ち込みの制限

通貨 現地通貨はVND15,000,000以上、外貨はUS$5,000(*)相当額以上は申告要。
タバコ 紙巻タバコ400本、葉巻100本、刻みタバコ500g(18歳以上)。
酒類 アルコール度22%以上の酒類1.5リットル、アルコール度22%未満の酒類2リットル、ビール3リットル
その他のもの 携行品は500万ドン相当まで。金/金装飾品300g以上は申告が必要。ポルノビデオ、出版物は許可が必要。香水・オーデコロンは個人使用分まで。
持ち込み禁止品
(代表的なもの)
武器、爆発物、骨董品、麻薬など。

持ち出しの制限

その他のもの ビデオ、出版物は文化省の許可が必要。
持ち出し禁止品
(代表的なもの)
武器、爆発物、骨董品、麻薬等。

(*)2011年9月1日からUS$7,000→US$5,000に変更されました。

ページのトップへ

電圧/プラグ

電圧は220ボルト/50ヘルツで、日本の電気製品を使用する際は、変圧器と差し込みプラグが必要です。差し込みプラグはA・C・BF・SEタイプをご用意ください。ヘアドライヤーは、ほとんどのホテルがお部屋に用意しています。備え付けていない場合は貸し出してくれます。

電圧 220ボルト
周波数 50ヘルツ
プラグ形状 プラグA プラグBF プラグC プラグSE

ページのトップへ

チップ

ホテルのポーターやボーイ、枕銭はUS$1程度が適当です。

ページのトップへ

滞在中のご注意

! 人混みや市場でのスリ、ひったくり、置き引きが続発しています。荷物の管理には細心の注意を払ってください。
! 軍事施設や鉄道、バス、橋などは撮影禁止になっています。

ページのトップへ

政府観光局

ベトナム政府観光局 http://www.vietnamtourism.com/

ページのトップへ

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

パッケージツアー

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
最新!ツアー代金情報
○○○○に行くツアーはこちら!

※該当ツアーがない場合、代金情報は表示されません。

JAL海外ダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+送迎オプション
航空券と宿泊+送迎オプションを自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!