国際線運賃のご案内 ストップオーバー・オープンジョー

ストップオーバー 周遊旅行に便利なストップオーバー

  • 乗り換えする都市に、最大3都市まで周遊できる。
  • 目的地へ向かう途中の乗り継ぎ地に24時間以上滞在することを「ストップオーバー」といいます。これを使えば目的地以外の都市の乗り継ぎ地で24時間以上滞在でき、旅の楽しみが増えます。わずかな追加料金で目的地を含め最大3都市(ヨーロッパ、アメリカ行き)まで滞在でき、個人旅行の行動範囲が大きく広がります。
  • ※運賃・旅程によっては、規則によりストップオーバー不可の場合があります。
  • ※詳しくは運賃表をご覧ください。

ストップオーバー 図

例:目的地のパリへ行く途中、乗り継ぎ地のロンドンで2〜3日過ごしたいという場合

オープンジョー オープンジョーで自由な旅を

  • 到着地と出発地を変えれば、旅の楽しみも広がります。
  • 往きに到着した空港とは別の空港から日本へ帰国する往復の方法を「オープンジョー」といいます。オープンジョーを利用すれば到着先から鉄道、バス、ローカル航空会社を利用して変化に富んだ周遊旅行が満喫できます。
  • ※運賃・旅程によっては、規則によりオープンジョー不可の場合があります。

オープンジョー 図

例:まずロサンゼルスに降り立ち、そこから先はアメリカ大陸を鉄道・ローカル航空会社を利用して横断。最終地ニューヨークから直行便で帰国の場合