JALスカイ札幌について

健康宣言

私たちは日本と北海道のインフラを支える会社として、お客さまや仲間の命を守り、清潔を含めた最高のサービスを
提供し続けていく尊い使命を負っています。
そして私たちがそのミッションを果たすためには、まずは社員自身、さらには家族が毎日健康で心豊かに過ごすことが「絶対に必要である」と思っています。
私は、JALスカイ札幌の健康経営の最高責任者として先頭に立ち、すべての社員・家族の健康を大前提に、社員一人
ひとりが活き活きと安心して働き続けることができる基盤づくりに積極的に取り組んでいくことを宣言します。

株式会社JALスカイ札幌
代表取締役社長
秋山 仁

~JALスカイ札幌 健康経営の目標~

1. 各職場にWellnessリーダーを配置し、社員・会社・健保の3者のベクトルを合わせて、
社員の健康維持・増進に主体的に取り組みます。

2. 健康診断100%受診を必達し、結果に応じた適切なフォローアップを迅速に行い、
社員サポートを強化します。

3. 「健康増進」「メンタルヘルス」に関し、産業医と連携して社員の意識向上を図り、
健保が提供するプログラムを積極的に活用し自主的な取り組みを支援します。

4.「婦人科健診の受診率」「適正体重維持率」の向上にむけ、女性の健康についての取り組みを
強化します。

5. 生活習慣病予防の重要性を社員に周知し、マネジメント全員で長期休業の未然防止に
取り組みます。

経済産業省と日本健康会議が共同で実施する特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度である「健康経営優良法人(大規模法人部門)」にて、JALスカイ札幌は2021年の初認定に続き、2年連続で2022年も認定されました。

JALスカイ札幌の健康経営目標と取り組み現状

当社を含むJALグループ全体の健康経営への取り組みについては、以下もあわせてご覧ください。