危険物ラベル

以下表の右項目「ラベルの印刷用PDFデータ」から必要なラベルを右クリックでダウンロードしてください。

ICAO
分類・
区分
分類・区分 IATA
コード
分類・区分
ラベル
主な品目 事故時の注意事項 ラベルの印刷用
PDFデータ
1 火薬類 RGX
RXS
など
発煙筒、花火、導火線、爆発リベット、クラッカー、弾薬など
(区分1.4Sのみ旅客機に積載可能)
火気・高温(直射日光)を避ける。
衝撃(落下・転倒等)・摩擦を避ける。
責任者の指示の下、可燃物を遠ざける。
(PDF 約119KB)
(PDF 約84KB)
2.1


引火性ガス RFG 小型燃料ガスボンベ、カセットコンロ用ガス、喫煙用ガスライター、ライター用補充ガス、引火性エアゾールなど 火気・高温(直射日光)を避ける。
ガスの吸引および接触を避ける。
風通しを良くして、風上に留まり近づかない。
(PDF 約155KB)
2.2 その他のガス
(非引火性ガス)
(非毒性ガス)
RNG
RCL
消火器、圧縮酸素、液体窒素、液体アンモニア、非引火性エアゾール、冷凍用ガス類、ダイビング用ボンベなど
深冷液化ガス
(PDF 約160KB)
2.3 毒性ガス RPG 一酸化炭素、酸化エチレン、液体アンモニアなど
(貨物専用機にのみ積載可能)
風通しを良くして、風上に留まり近づかない、且つ近づかせない。 (PDF 約94KB)
3 引火性液体 RFL ガソリン、ペイント類、印刷インク、香料、灯油、アルコール、接着剤、オイルライター/ライター用燃料、アルコール度の高い酒類など 火気・高温(直射日光)を避ける。
ガスの吸引および接触を避ける。
風通しを良くして、風上に留まり近づかない。
責任者の指示の下、可燃物を遠ざける。
(PDF 約102KB)
4.1




可燃性物質 RFS マッチ、セルロイド、金属粉末、リン、硫黄など 火気・高温(直射日光)を避ける。ガスの吸引および接触を避ける。
衝撃(落下・転倒等)・摩擦を避ける。
責任者の指示の下、可燃物を遠ざける。
自然発火することがあるので、常時監視を怠らない。
(PDF 約154KB)
4.2 自然発火性
物質
RSC 炭、活性炭、硫化ナトリウム、金属触媒など 火気・高温(直射日光)を避ける。
責任者の指示の下、可燃物を遠ざける。
自然発火することがあるので、常時監視を怠らない。
(PDF 約110KB)
4.3 水反応
可燃性物質
RFW カルシウム、炭化カルシウム、粉末マグネシウム合金、バリウム、アルカリ土類金属合金など 注水、火気・高温(直射日光)を避ける。
責任者の指示の下、可燃物を遠ざける。
自然発火することがあるので、常時監視を怠らない。
(PDF 約145KB)
5.1




酸化性物質 ROX 化学酸素発生装置、過酸化水素水、塩素酸塩類、硝酸アンモニウム肥料、漂白剤など
(化学酸素発生装置は貨物専用機のみ積載可能)
火気・高温(直射日光)を避ける。
責任者の指示の下、可燃物を遠ざける。
(PDF 約206KB)
5.2 有機過酸化物 ROP メチルエチルケトンパーオキサイドなど (PDF 約123KB)
6.1

毒物 RPB 殺虫剤、農薬、消毒剤、染料、水銀化合物、医薬品など 風向きに注意し、蒸気・粉末の吸引を避ける。
責任者の指示の下、他の物件(特に生鮮食品)を遠ざける。
(PDF 約114KB)
6.2 病気を
移しやすい
物質
RIS バクテリア、ヴィールス、医薬用廃棄物など 責任者の指示の下、人・貨物を遠ざけ、立入制限区域を設定し専門家の指示を待つ。 (PDF 約182KB)
7



国内ではL型輸送物
国際では微量放射性輸送物
RRE

空容器、機器に内蔵されたものなど、放射能量が極めて少ないもの
輸送物表面の最大線量当量率:5μ Sv/h以下
絶対に触わらない、近づかない。
責任者の指示の下、立入制限区域を設定し専門家の指示を待つ。
放射性物質のそばにいる時間を極力短くする。
万が一、放射性物質に触れてしまった場合は、中性洗剤もしくは真水で洗浄する。
万が一、衣類等が放射性物質に触れてしまった場合は、衣類を脱いでポリエチレンの袋等に入れて隔離する。
(PDF 約175KB)
(PDF 約130KB)
第I類 RRW 種々の放射性同位元素
輸送物表面の最大線量当量率:5μ Sv/h以下
輸送指数:0
(PDF 約160KB)
第II類 RRY 種々の放射性同位元素
輸送物表面の最大線量当量率:5μ Sv/hを超え、500μ Sv/h以下
輸送指数:0を超え、1.0以下のもの
(PDF 約197KB)
第III類 種々の放射性同位元素
輸送物表面の最大線量当量率:500μ Sv/hを超え2mSv/h以下
輸送指数:1.0を超え、10.0以下のもの
(PDF 約204KB)
8 腐食性物質 RCM 液体バッテリー、水銀、硫酸、塩酸、酢酸、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、ガリウムなど 責任者の指示の下、人・貨物を遠ざける。 (PDF 約165KB)
9 その他の
有害物件
RMD
RSB
ICE
RMD:消費者向け物品、内燃機関(エンジン)、車両など
RSB:ポリメリックビーズ
ICE:ドライアイス
各々の危険性に対応した処置をとる。
責任者の指示の下、人・貨物を遠ざける。
(PDF 約78KB)
RLI
RLM
RLI:リチウムイオン電池
RLM:リチウム金属電池
(PDF 約92KB)
MAG 磁性物質 (PDF 約243KB)
微量危険物 REQ
マーク
各分類・区分に属する危険物で、一梱包あたりの内容量が微量でありIATA危険物規則書の微量危険物の用件を満たすもの。 各内容物の分類に対応した処置をとる。
責任者の指示の下、人・貨物を遠ざける。
(PDF 約43KB)
少量危険物 -
マーク
各分類・区分に属する危険物で、一梱包あたりの内容量が少量でありIATA危険物規則書の少量危険物の用件を満たすもの。 各内容物の分類に対応した処置をとる。
責任者の指示の下、人・貨物を遠ざける。
(PDF 約30KB)
9 その他の有害物件 RMD
マーク
水の環境に有害となる物質又は混合物 責任者の指示の下、人・貨物を遠ざける。 (PDF 約39KB)





貨物機専用 CAO 貨物専用機にのみ積載可能(旅客機には積載禁止)   (PDF 約540KB)
深冷液化ガス専用 RCL 窒素ガス、アルゴンなど深冷液化ガスを含む輸送物には、RNGラベルに加えて使用する   (PDF 約86KB)
天地無用 - 液体を収納した組合わせ容器等に使用する
(相対する2側面)
  (PDF 約32KB)
熱源からの隔離 - 自己反応性を有する区分4.1の自己反応性物質および区分5.2の有機過酸化物を含む輸送物には、RFSラベル・ROPラベルに加えて使用する   (PDF 約32KB)
リチウム電池 ELI
ELM
非危険物の扱いで輸送されるリチウムイオン電池、リチウム金属電池を含む輸送物に使用される。   (PDF 約100KB)

*・・・国内用
**・・・国際用

ページのトップへ

www.jal.co.jp

Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.