ご利用可能なサポート

歩行が不自由なお客さま

国内ツアー旅先において

ご移動手段(レンタカー・バス・タクシー)

お客さま自身の車いすをご持参なさる場合は、車両への搭載可否の確認を行いますので、車いすの情報(電動・バッテリーの種類、自動、折り畳み可否、重さ、高さ、幅、奥行き)をお知らせください。

車いすのサイズ、乗車人数、お荷物によって搭載の可否が異なります。

観光・オプショナルツアー

お客さまの歩行状況をお伺いしながら、可能な範囲で無理のない行程や観光・オプショナルツアーなどをご提案いたします。

海外ツアー旅先において

現地での空港~ホテル間の送迎、観光

送迎区間(ルート)の変更はお受けできません。

空港~ホテル間の送迎の際、車両の乗り降りはお客さまご自身またはお付き添いの方の介助によってお願いいたします。

添乗員・現地係員・ガイド・ドライバーは、介助の専門資格をもたないため、お手伝いができませんのでご了承ください。

方面や現地の事情により、手すりのない階段、坂道、石畳や段差がある道路が多く、また、長時間の徒歩による観光や足元の悪い場所などがございます。

お客さまのお体の状態によっては、負担が大きくお付き添いの方の介助があっても、観光が難しい場所がございます。

詳しくは、お問い合わせ時にご案内いたします。

宿泊施設について

客室についてのご要望や必要な備品がございましたら、旅行のお申し込みの際にお気軽にご相談ください。

なお、宿泊施設によっては、ご要望に添えない場合、必要な手配に際し、別途追加費用が必要になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

目の不自由なお客さま

盲導犬について

補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)をお連れになる場合は、ご予約時に必ずお申し出ください。

盲導犬は、国によっては検疫の対象となりますので、入国の条件などは訪問国の領事館や日本の最寄の動物検疫所にお問い合わせください。

なお、日本の場合は輸出入検疫の手続きが必要です。その際の、日本を含め各国の手続きは、お客さまご自身で行ってくださいますようお願いいたします。

空港・機内でのサポートおよび設備については、「目の不自由なお客さま」にてご案内いたします。

耳や言葉の不自由なお客さま

聴導犬について

補助犬(介助犬、聴導犬)お連れになる場合は、ご予約時に必ずお申し出ください。

ご予約の際に、どのようなお手伝いやお手配が必要かお知らせください。

なお、添乗員、現地係員、ガイド、ドライバーは、手話や筆談によるご案内は出来ませんのでご了承ください。聴導犬をお連れになる場合は、ご予約時に必ずお申し出ください。

聴導犬は、国によっては検疫の対象となりますので、入国の条件などは訪問国の領事館や日本の最寄りの動物検疫所にてお問い合わせください。

なお、日本の場合は輸出入検疫の手続きが必要です。その際の、日本を含め各国の手続きは、お客さま自身で行ってくださいますようおねがいいたします。

遠隔手話通話サービスを介しお問い合わせの方

空港・機内でのサポートおよび設備については「耳や言葉の不自由なお客さま」にてご案内いたします。

病気やケガをされているお客さま

航空機の機内や旅先での環境は、日常とは異なりお客さまのご症状によっては、健康に影響を与える可能性があります。航空旅行の適性については事前に主治医にご相談いただくことをおすすめいたします。

人工呼吸器や吸入器(ネブライザー)、携帯型酸素濃縮器(POC)や吸引器などの使用による医療行為が必要なお客さま、お体に金属製の固定具などをご使用の方、そのほか病状や体調が安定しないお客さまは、利用航空会社によっては、所定の診断書のご用意をお願いする場合がございます。

その際は、ご協力くださいますようお願いいたします。

また、機内に医療器具を持ち込む場合、空港の保安検査で金属探知機に反応することがございます。

海外ツアーにご参加のお客さまは、英文証明書などをお持ちになり、事前に保安検査係員にご提示されることをおすすめします。

空港・機内でのサポートおよび設備については「病気やけがをされているお客さま」にてご案内いたします。

お食事に制限があるお客さま

どのようなお食事の制限があるかをご相談ください。

旅程に食事が含まれている場合、お客さまの食事制限については、宿泊施設やレストランに伝え、可能な範囲で配慮を依頼しますが、施設の事情によりご希望に添えない場合がございます。

  • ブッフェ形式のお食事につきましては、お客さまご自身のご判断でお召し上がりください。
  • 材料、メニューの指定は、お受けできません。
  • アレルゲンに対する専門知識の欠如、料理素材上の制限、調理器使用上の問題などから、アレルギーへの厳密な対応は困難です。お客さまご自身のご判断でお召し上がりください。
  • メニューの変更により、お客さまご負担の追加費用がかかる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

機内でのサポートについては「食物アレルギーのあるお客さま」にてご案内いたします。