自分らしい旅のヒントが見つかるWebマガジンサイト

奄美大島の大自然を満喫 リラックス&リフレッシュの旅

マングローブの原生林カヌー体験で自然を満喫!

奄美の大自然を肌で感じることができると人気の「カヌーツーリング」。熱帯・亜熱帯に生息するマングローブに囲まれながら進むカヌー体験は、奄美大島ならではのアクティビティです。約71万平方qにおよぶマングローブの森は、奄美群島国定公園特別保護地区に指定され、雄大な景観やそこに暮らす珍しい生きものたちが守られています。そんなマングローブの森をカヌーで探検!初心者でも参加できるのは嬉しいですね!のんびりカヌーツーリングでリラックスしちゃいましょう!

〔DATA〕

店  名:
マングローブ茶屋
住  所:
鹿児島県奄美市住用町役勝7
電  話:
0997-69-2189
営業時間:
09:00〜18:00
定休日 :
無休

〔MENU〕

カヌーツーリング(約60〜90分)

大人 1,500円

小人 1,000円※すべて税込

ハートロックで恋愛成就

いま、奄美大島で恋のパワースポットとして知られつつある「ハートロック」。地元のサーファーに発見され、ソーシャルメディアなどで情報が徐々に広まったというハートロックは、ハート型をした潮だまりで、干潮時にのみ出現します。晴れた日の干潮時には大勢の女性観光客やカップルが訪れます。ハートだけに恋愛に効く?!パワースポットは、これからも多くの女性たちの願いを叶えてくれるはず。リフレッシュには欠かせないスポットですね!

〔DATA〕

住  所:
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木

薬草入りトロピカルフルーツのスムージーでカラダリフレッシュ!

奄美大島は、薬草が多く採れる島として有名です。ヘルシーアイランドカフェでは、奄美産のトロピカルフルーツと、ヨモギ、長命草、ハンダマなどの薬草を加え、豆乳や自家製はちみつなどでまろやかに仕上げたスムージーを提供しています。なかでも、人気なのは「たんかんスムージー」。南国果実の甘酸っぱい香りと味が、口いっぱいに広がります。恋まじないに効く!?パワースポット”ハートロック”の入口にあるので、ぜひ訪れた際にお立ち寄りください!カラダもリフレッシュしましょう!

〔DATA〕

店  名:
それいゆふぁーむ内ヘルシーアイランドカフェ
住  所:
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1346番1 それいゆ農園内
電  話:
0997-69-4802
営業時間:
10:30〜18:00(無休)
※11月〜2月末は11:00〜17:30(定休日:火曜日)
※季節によってオープン時間が異なります、お問い合わせください。

〔MENU〕

たんかんスムージー
すももスムージー
パッションフルーツスムージー
ドラゴンフルーツ&パッションフルーツスムージー すべて500円
ヤギミルクソフトクリーム 400円
※すべて税込

奄美大島の夕日を観てリフレッシュ!

奄美大島にある「かがんばなトンネル」は、全長29メートルしかないとても短いトンネル。春分の日と秋分の日の前後数日間だけ、夕日がトンネルのなかにすっぽり入るとのことで、地元では“ドラゴンアイ(龍の眼)”として親しまれています。「かがんばな」とは、地名の「鏡崎(かがみざき)」がなまり、「かがんざき」になり、海に突き出した陸地を「はな」と呼ぶことから「かがんばな」とつけられました。奄美大島の夕日を観てリフレッシュ!してみては。

〔DATA〕

住  所:
鹿児島県大島郡龍郷町円
電  話:
0997-69-4512(龍郷町企画観光課)

地元にも愛される島の食材にこだわった居酒屋

「島の居酒屋むちゃかな」は、地元人も足繁く通うツウな居酒屋さん。毎日、地元漁協から届く新鮮な魚介のお刺身はオススメ。特に、赤うるめや夜光貝の刺し身は、奄美ならではの食材。また新メニューの「ヤギの刺身」は、臭みがなく、どことなく馬刺しのような食感で美味!こちらのお店では、奄美大島産の黒糖焼酎も60種類以上飲めるということで、飲み比べができちゃうのもウレシイですね!

〔DATA〕

店  名:
島の居酒屋むちゃかな
住  所:
鹿児島県奄美市名瀬金久町4-18-1F
電  話:
0997-52-8505
営業時間:
17:30〜24:00
定休日 :
無休

〔MENU〕

夜光貝の刺し身 800円
生あおさの天ぷら 680円
山羊の刺身 1,280円
トビンニャ 650円
赤うるめの刺身(ぐるくんの刺身) 980円
黒糖焼酎 じょうご(25度) 2,500円
※すべて税別

ブルーエンジェル土盛海岸でのんびりリラックス

地元島人が「奄美で最も美しい」「奄美一フォトジェニック」と口をそろえる、白砂とエメラルドグリーンからブルーへと色を変える珊瑚礁の海が美しいビーチ。一般道路からビーチまでの道のりも、南国特有種の植物が生い茂る森となっており、まさに冒険気分。森の出口に広がるビーチは、言葉に例えようがないくらい、まばゆい感動を旅人に与えてくれます。太陽の光で千変万化する「ブルーエンジェル」とも呼ばれる海で、一日のんびりリラックスはいかがですか?奄美大島に訪れたなら、ぜひ寄っておきたいスポットです!

〔DATA〕

住  所:
鹿児島県奄美市笠利町土盛
電  話:
0997-52-1111(奄美市紬観光課)

実は西郷どん≠ェリラックスして過ごした!?奄美大島

かつて奄美大島へ潜居を命じられた西郷隆盛は、3年余りをここ南洲流謫(るたく)で過ごしました。当時の木造家屋が原型をとどめており、勝海舟の揮毫(きごう)による石碑や縁の品が当時のまま綺麗に保存され、一般公開されています。西郷隆盛は、恩師・島津斉彬の急死により苦悩の日々を送っていたところ、奄美大島に潜伏することになりました。その後、島での生活を通じ農民の信望を集めることとなった西郷隆盛は、農家の娘・愛加那(あいかな)と結婚。窮地に追い込まれ、つらい生活を送っていた当時、愛加那の存在は大きく、心身ともに立ち直るきっかけとなったのがここ奄美大島でした。

〔DATA〕

スポット:
西郷隆盛 南洲流謫跡(西郷南洲翁遺跡)
住  所:
鹿児島県大島郡龍郷町龍郷166
電  話:
0997-62-3368
営業時間:
10:00〜16:00
定休日 :
不定休 ※要予約・お問い合わせください

〔MENU〕

大人(高校生以上)200円
小・中学生    100円
※すべて税込
奄美大島発祥 鶏飯味くらべ
鹿児島県奄美群島で作られる郷土料理の「鶏飯」。日本各地に郷土料理として存在する「とりめし」は、丼物や炊き込みご飯のイメージですが、「鶏飯」は出汁茶漬けに近いメニューです。鶏飯料理は、今から約400年前に奄美が薩摩藩の支配下にある頃、役人をもてなすために考えだした超贅沢料理でした。島内で鶏飯の人気店といえば、「みなとや」と「ひさ倉」がありますが、鶏飯料理の元祖である「みなとや」は、旅館開業(当時)にあたり、初代館主がふるさと料理復活の研究の末に開発した一品。最近では、当時よりもアレンジが加えられ、現在の「鶏飯」となったそうです。お店ごとに出汁の味が異なりますが、「みなとや」は鶏の肉味が濃いお味に対して、「ひさ倉」は出汁しょうゆのさっぱりスープでいただけます。両店ともに、営業を開始するやいなや、大勢のお客さんでお店がいっぱいになる人気店です。ぜひ、食べ比べにいらしてください!

〔DATA〕

店  名:
みなとや
住  所:
鹿児島県奄美市笠利町大字外金久81
電  話:
0997-63-0023
営業時間:
11:00〜15:00頃(材料がなくなり次第閉店)
定休日 :
不定休 ※お問い合わせください

〔MENU〕

鶏飯 1,000円
奄美名産みき 250円
※すべて税込

〔DATA〕

店  名:
ひさ倉
住  所:
鹿児島県大島郡龍郷町屋入511−1
電  話:
0997-62-2988
営業時間:
11:00〜20:30
定休日 :
不定休 ※お問い合わせください

〔MENU〕

鶏飯 1,000円
鳥刺盛り 950円
※すべて税込

金作原原生林のジャングルウォークでリフレッシュ森林

奄美の森を代表する金作原(きんさくばる)原生林。そこは、まるで太古の世界に迷い込んだかのような巨大なシダや、珍しい生き物が沢山あります。ここ奄美大島は、極めて古い時代に大陸から離れて孤島化し、一度も海没しなかった歴史があるため、動植物たちは独自に進化、固有種の豊かな極めて貴重な地域となり、「東洋のガラパゴス」とも称されています。ジャングルウォークでは、ヒカゲヘゴをはじめとした、数々の亜熱帯性植物や小動物が見られ、コースは平坦な林道をのんびり1時間ほどの散策。みんなで森林のマイナスイオンを浴びながらリフレッシュしちゃおう!

〔DATA〕

スポット:
金作原散策 巨大植物の原生林ウォーキング
集合場所:
鹿児島県奄美市名瀬幸町19-5(観光ネットワーク奄美事務所)
電  話:
0997-54-4991
営業時間:
09:00〜18:30
定休日 :
不定休 ※要予約

〔MENU〕

金作原探検コース 約3時間 3,250円(おひとり様料金) ※税込

海を一望できるおしゃれカフェでのんびりリラックス!

奄美大島にあるカフェ・レストランといえば、奄美きょら海工房さんがオススメ。自家製の純黒糖を製造し、お店で提供する黒糖メニューは、すべて自家製。中でも、「純黒糖を贅沢に使った“絶品”高級フレンチトースト」は、黒糖の香りとほろ苦さが口のなかでとろけます。また、「塩黒糖ゼリーの黒糖ソフトパフェ」は、ビーチに似合うフォトジェニックメニュー!海沿いにある最高の立地で、最高の景色を眺めながら、ゆったり&リラックスタイムを過ごしませんか?

〔DATA〕

店  名:
奄美きょら海工房
住  所:
鹿児島県奄美市笠利町用安字フンニャト1254-1
電  話:
0997-63-2208
営業時間:
レストラン11:00〜18:30 L.O.18:00(夏季11:00〜19:00 L.O.18:30)
定休日 :
年末

〔MENU〕

純黒糖を贅沢に使った“絶品”高級フレンチトースト 850円
塩黒糖ゼリーの黒糖ソフトパフェ 480円
グラニータ 300円
※すべて税別

奄美の自然にこだわったタラソテラピー

“タラソ奄美の竜宮”は、その奄美の自然にこだわったタラソテラピーセンターです。タラソテラピーは、海水、海藻、潮風、気候、地形など、あらゆる海の資源を用いて、身体機能を活性化する健康療法です。タラソ奄美の竜宮の目の前には、白い砂浜と珊瑚礁の海が広がり、潮騒が鮮明に響きます。奄美の恵まれた環境が心身にエネルギーを与え、確かなアンチエイジングを可能にします。ぜひ“タラソ奄美の竜宮”で至福のリラックスできる時間をお過ごしください。

〔DATA〕

店  名:
タラソ奄美の竜宮
住  所:
鹿児島県奄美市名瀬大字小宿716
電  話:
0997-55-6211
営業時間:
10:00〜22:00(最終入館21:00)
定休日 :
毎月第2木曜日

奄美大島でしか作れない真珠「マベパール」の取り出し体験!

奄美大島でしか作れない、海と貝と人々が作るコラボレーション作品「マベパール」。一つの貝が大きくなるのに必要な時間は最短でも4年。その貝から製品として売り出せるレベルの真珠が取れるようになるまでは、16年もの月日がかかるそうです。実際に真珠の巻いている貝を剥き、真珠が生まれる瞬間を体験できます(浜揚げ)。体験希望者は要予約ですよ!美しい「マベパール」は、見ているだけでもリラックスできますね。

〔DATA〕

店  名:
奄美サウスシー&マベパール(株) 三浦養殖場
集合場所:
鹿児島県大島郡瀬戸内町大字三浦386−1
電  話:
0997-75-0111
営業時間:
午前の部10:00〜12:00
午後の部13:00〜15:00
(所要時間 約30分〜1時間)
定休日 :
日曜、祝祭日、お盆、年末年始
※海の状況、貝の状況によっては中止する場合がありますので、
あらかじめご了承ください。
※要予約

航空券や、ツアーの予約はこちらから!※キャンペーン対象期間・対象便以外の情報を表示している場合もございます。詳細はキャンペーン内容をご確認ください。

早く買うほどトクになる! 本日は、以下ご搭乗分の予約受付中です

75日前までの予約なら ウルトラ先得
月日〜月日
販売は終了しました
55日前までの予約なら スーパー先得
月日〜月日
販売は終了しました
45日前までの予約なら 先得割引タイプB
月日〜月日
販売は終了しました
28日前までの予約なら 先得割引タイプA
月日〜月日
販売は終了しました
旅程

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

  • ホテルを予約
  • レンタカーを予約
  • レストランを予約
  • 旅パーツを予約

JALダイナミックパッケージ 航空券と宿泊を自由に組み合わせて、オリジナルの旅を作れるあたらしいツアー 最大13泊14日まで予約可能!7日前までがおトク!

スマートフォンサイトはこちら

パッケージツアー

お申込はご出発前日から起算して7日前(21時29分)まで

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
本日のアクセスランキング

出発地

他にも、○○○○を巡るツアーを多数ご用意しております!

ページのトップへ

Get ADOBE FLASH PLAYER
コメントを書く・みんなのコメントを読む