ビザ・パスポート情報

グアム・パラオ(ミクロネシア) ビザ・パスポート情報

旅券の残存有効期間が不足している場合は出発できません。
旅券の残存有効期間が少ない方は、お早目の更新をおすすめします。
最終的な入国の可否は渡航先入国管理官によります。
延泊プラン利用の場合など、滞在日数によっては条件が異なる場合があります。
外国籍の方は別途領事館で確認が必要です。
無査証の条件として、帰国便航空券の所持などが必要な場合があります。詳しくは大使館にご確認ください。
妊娠中の方は出発当日時点の妊娠週をお知らせください。航空機搭乗の際、出産予定日が明記された診断書が必要な場合があります。また、航空機により搭乗制限がある場合がありますので詳しくはお問い合わせください。
急な変更も予想されますので、詳細は大使館にご確認ください。

■査証(VISA)・ツーリストカード・旅券残存有効期間一覧

国名(地域) 査証 旅券残存有効期間 その他
グアム 不要

(注1)
帰国時まで必要
入国時45日以上が望ましい
ESTAの取得について、機械読み取り式旅券(IC旅券でなくても可)を所持し、かつ、滞在日数45日以内で、「グアム・北マリアナ諸島ビザ免除プログラム」(I-94とI-736の用紙を現地で入手し入国審査前までに記入)を利用して入国する場合は不要。
ただし、ESTAを保持している方はESTAでの入国が優先され、「グアム・北マリアナ諸島ビザ免除プログラム」は利用不可。

出入国書類の書き方はこちら

ESTAの詳細についてはこちら

18歳未満の方の単独・または片親のみの同行の渡航に条件があります。
詳しくはこちら
パラオ 不要 入国時6ヵ月+
滞在日数以上必要
パスポートの査証欄余白は1頁以上必要
(注1) ビザ免除プログラムの条件を満たさない場合はアメリカ合衆国の査証を取得してください。

アメリカESTA(電子渡航認証システム)

■「ESTA」とは
米国政府が2008年8月1日より短期滞在査証免除プログラム(Visa Waiver Program=VWP)対象国の国民が査証免除対象者として米国に渡航しようとする場合、事前にインターネットを通じて渡航者の身分事項などに関する情報を米国当局に通報することにより、査証免除で渡航できるか否かのチェックを受けるシステムです。
このESTAを通じた事前渡航認証の取得が義務化されたことにより、米国へ出発の際、航空(船)会社のチェックイン時に確認され、取得されていない場合、搭乗(乗船)することはできません(有料/US$14)。
【ESTA対象者】
下記の条件にすべて該当する方がESTA対象です。

・米国査証免除プログラム対象国(1)の国籍パスポート所有者
・Eパスポート(IC旅券)の所持者(2016年4月1日より変更。すでに有効なESTAを取得している渡航者にも該当します。)
・短期商用・観光または通過(第3国への乗継)を目的とし、90日以内の滞在予定者
・米国へは航空機または船舶による入国
・往復または次の目的地への航空券または乗船券を所持していること
1 対象国)
日本・アンドラ・オーストラリア・オーストリア・ベルギー・ブウネイ・デンマーク・フィンランド・フランス・ドイツ・アイスランド・アイルランド・イタリア・ギリシャ・リヒテンシュタイン・ルクセンブルグ・モナコ・オランダ・ニュージーランド・ノルウェイ・ポルトガル・サンマリノ・シンガポール・スロベニア・スペイン・スウェーデン・スイス・英国・チェコ・エストニア・ハンガリー・ラトビア・リトアニア・スロバキア・マルタ・韓国
ESTAに該当されない方は査証が必要です。

【ESTA取得方法】

・米国CBP(税関国境警備局)のウェブサイトから申請取得します。

・申請は米国入国時に記入するI-94の設問とほぼ同じものをオンラインで入力。入力データはCBPに照会され、承認、保留、拒否の3種類から1つの回答を受け取ります。いずれの回答も申請番号が付与されますので認証画面を印刷するなど番号を控える必要があります。南米やカリブの国々に行かれる場合、フライトチェックイン時に認証画面の提示を求められる場合がありますので、認証画面を印刷してご持参ください。

・承認された場合、渡航認証・取得となり無査証で渡米が可能です。ただし、米国への入国が認められることを証明するものではなく、最終的な入国の決定は入国地の移民審査官が行います。

・保留の回答を受けた場合、再度ESTAにアクセスし最終回答を得る必要があります。回答は申請から72時間以内に行われます。拒否の回答を受けた場合、査証申請が必要です。

申請はお客さま本人、または本人の代行者として第三者からの申請も可能です。
JAL eトラベルプラザでの手続代行料金については、こちらをご覧ください。

【注意】
遅くとも出発の72時間前までに渡航認証を取得することが推奨されています。ESTAは搭乗直前にも対応可能ですが、保留・拒否回答がありますのでツアー予約時の取得をお勧めします。
有効期限は原則、取得より2年間となります。ただし、取得した時点で旅券の有効期限が2年未満の場合は、旅券の有効期限までです。

2016年1月21日より入国に関する「ビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法」が施行されました。この法により、下記に該当する渡航者はビザ免除プログラム(ESTA)を利用出来ず、非移民ビザを取得する必要がございます。

・ビザ免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある
(2016年2月18日よりリビア、ソマリア、イエメンが追加)

・ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者

ただし、国際機関の代表公務、ジャーナリストの報道渡航、合法的な商用渡航等、個々の審査により免除される場合もございます。上記条件に該当される渡航者は最寄の米国大使館・領事館にご相談ください。
なお、すでに取得済みのESTAについても、取得済み画面にてESTAの有効をお客さまご自身で再確認いただくことを お奨めいたします。
グアムについては、短期商用・観光目的であれば、北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムにて渡航が可能ですが、 立ち会った入国管理官の判断に委ねられるため、上記に該当される方についてはビザの取得をお奨めいたします。 尚、グアムにおいても、すでにESTAを保持されている方はESTAでの入国が優先され、本件の対象となりますので ご注意ください。

ページのトップへ

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

ご予約は最終区間出発日の330日前から承ります

出発地   到着地 ご利用の運賃 往路出発 復路出発  
カレンダー カレンダー
    運航会社  
 
 
方面選べない方面について ご利用の運賃 ご旅行開始日  
カレンダー
  運航会社
 

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

  • ホテルを予約
  • レンタカーを予約
  • 旅パーツを予約

パッケージツアー

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
最新!ツアー代金情報
○○○○に行くツアーはこちら!

※該当ツアーがない場合、代金情報は表示されません。

JAL海外ダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+送迎オプション
航空券と宿泊+送迎オプションを自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!