JAPAN AIRLINES

事業再生ADR手続きの申請と、日本航空の事業ならびにサービスの継続について

2009年11月13日、日本航空は事業再生ADR(*)手続きの申請を行いました。
この申請は、JALグループの事業継続と経営再建のために行うものであり、JALグループは引き続き航空輸送事業、およびマイレージサービスをはじめとするサービスを提供してまいります。
(*事業再生ADRは金融機関との話し合いで進められる手続きであり、マイレージサービスや一般の取引等は影響を受けません。)

お客さまにおかれましては、これまで通り変わらずJALグループ便、ならびにサービスをご利用いただきますようお願いいたします。


2009年11月13日
日本航空