2019年10月16日(水)~20日(日)

車いすラグビー

「車いすラグビーワールドチャレンジ2019」が東京都体育館で開催、日本は3位と健闘!

集まったマイルを選手用備品購入費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年10月16日(水)~20日(日)に東京体育館(東京都渋谷区)で開催された「車いすラグビーワールドチャレンジ2019 」に参加するため、10月13日(日)~21日(月)の日程で遠征を実施しました。

この大会はラグビーワールドカップと連動して行われた国際大会となり、オーストラリア、日本、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ニュージーランド、ブラジル8カ国で争われ、昨年の世界選手権のメンバーを中心に中町俊耶選手(2.0クラス/No.24)、長谷川勇基選手(0.5クラス/No.2)、乗松隆由選手(1.5クラス/No.10)を加えたメンバーで大会に挑みました。

今シーズン最後の大会となり、来年のパラリンピックを想定した自国での国際大会ということもあり、今年の集大成として優勝を目標に臨みました。予選では12人全員がコートでプレーに貢献し、全勝で通過しましたが、準決勝ではまたしても僅差でオーストラリアに敗れ優勝の目標は途絶えてしまいました。それでも3位決定戦はイギリスにしっかりと勝ち切り3位で大会を終えました。来年のパラリンピックでの金メダルという目標に向けて課題と収穫の多い大会となりました。

長谷川勇基選手(0.5クラス/No.2)はスピードとボールスキルを武器に、チームの中心選手として大きな成長を見せた大会となりました。

橋本勝也選手(3.0クラス/No.32)はクラスが変わりラインの組み合わせも変わったことで、そのスピードやアジリティが効果的となり、対戦相手に大きなインパクトを与えました。

ゴールドメダル : アメリカ
シルバーメダル : オーストラリア
ブロンズメダル : 日本

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE 車いすラグビー 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
第23回日本選手権大会 2022年2月4日~2月6日 千葉県千葉市・千葉ポートアリーナ

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop