2019年10月26日(土)

トライアスロン

ITUトライアスロンワールドカップ(2019/宮崎)開催、エリート女子部門で上田藍選手が優勝!

集まったマイルを選手の強化費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年10月26日(土)、宮崎県宮崎市で「ITUトライアスロンワールドカップ(2019/宮崎)」が開催されました。エリート男女合わせて109名がエントリー。日本からは18名が参加し、エリート女子部門で上田藍選手(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター/千葉)が宮崎W杯では3年ぶり2度目の優勝を飾りました。また、JALネクストアスリートも4名が出場し、約3週間前に行われた日本選手権チャンピオンの北條巧選手(博慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京)がエリート男子部門で24位、エリート女子部門では岸本新菜選手(福井県スポーツ協会・稲毛インター/福井)が9位、福岡啓選手(横浜こどもスポーツ基金/福井)が12位と健闘しました。

気温23度という10月下旬にしては温暖なコンディションのもと、まずはエリート女子がスタート。1.5㎞のスイムを終えてトップで上陸したのは、先日の日本選手権を制した高橋侑子選手(富士通/東京)。次の40㎞のバイクでは高橋選手を先頭に大集団のまま最終種目のランに突入します。最後まで予想のつかない展開でしたが、ケガからの復帰後に調子を上げていた上田藍選手が見事な快走を見せ、1時間59分32秒で優勝。高橋選手は5位に入りました。大会当日に誕生日を迎えたという上田選手は「大好きな宮崎のW杯で表彰台に戻ってこられてとてもうれしい。得意のランで勝負を決めるという走りが出来て、ケガから順調に回復してきているとアピールできたことにホッとしました」と笑顔で喜びを語りました。

エリート男子は古谷純平選手(三井住友海上/東京)と北條巧選手がトップ集団に食い込み、優勝争いにからむ展開。しかし最後のランで順位を下げ、古谷選手が日本勢最高位の15位でフィニッシュ、北条選手は24位という結果でした。そのほか、JALネクストアスリートの山本康貴選手(AS京都/京都)が44位に入りました。

日本開催のワールドカップで見事優勝した上田選手をはじめ、世界のトップレベルで日本選手たちの躍進は続きます。引き続き皆さまの変わらぬ温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ITUトライアスロンワールドカップ(2019/宮崎) 結果

〔エリート男子〕

15位
古谷純平(三井住友海上/東京) 1:49:09
24位
北條巧(博慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京) 1:50:34
26位
佐藤錬(福井県スポーツ協会/福井) 1:51:16
29位
阿部有希(タカマコンペティションプロダクト/福島) 1:51:49
36位
内田弦大(関西大学・滋賀レイクスターズ) 1:54:47
38位
安松青葉(日本体育大学) 1:56:27
39位
石塚祥吾(日本食研/愛媛) 1:56:34
44位
山本康貴(AS京都/京都) 1:58:28
46位
岩本敏(日本食研/愛媛) 1:59:50
途中棄権
谷口白羽

〔エリート女子〕

優勝
上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター/千葉) 1:59:32
5位
高橋侑子(富士通/東京) 2:00:20
9位
岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター/福井) 2:01:08
12位
福岡啓(横浜こどもスポーツ基金/福井) 2:01:50
26位
蔵本葵(東京ヴェルディ/東京) 2:06:11
34位
井出樹里(スポーツクラブNAS/神奈川) 2:07:39
途中棄権
佐藤優香
途中棄権
中山彩理香

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE トライアスロン 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
ワールドトライアスロンシリーズ(2021/横浜) 2021年5月18日 神奈川県横浜市
第27回日本トライアスロン選手権(2021/宮崎) 2021年10月23日 宮崎県宮崎市
ワールドトライアスロンカップ(2022/宮崎) 2022年3月12日~3月13日 宮崎県宮崎市

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop