2019年8月16日(金)~23日(金)

セーリング

2019年レーザー4.7級ユース世界選手権大会がカナダで開催されました。

集まったマイルを選手の強化費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年8月16日(金)~23日(金)、カナダ・キングストンで「2019年レーザー4.7級ユース世界選手権大会」が開催されました。レーザー4.7級はOP級でセーリングをはじめ、レーザーラジアル級や470級などに乗るまでに取り組む17歳未満を対象としたステップアップ種目として世界的に普及しています。今大会、日本からは男子3名、女子3名の選手が参加しました。

1日目
男子は全体を2つのグループ(フリート)に分けて3日間の予定で予選が行われます。女子はグループ分けを実施せず、1つのフリートで最後まで競います。日本選手はいずれも空いているポジションから上手くスタートしましたが、風が徐々に弱くなり、男子は第3マーク手前、女子は第1マーク回航直後にノーレースとなりました。風待ちの後、再スタートしましたが、またもや風が落ち、男子が第1マークを回ったところでノーレースとなりました。

2日目
朝から小雨が降っていましたが出艇のころには上がり、風も15ノット以上吹き上がりまた。男子は元尾帆斗選手(長崎県立長崎西高校)と豊島有壮選手(広島なぎさ中学校)が体格を生かした、いい走りをするものの、1レース、2レースともにレース中に沈をして、大きく順位を落としました。岡田爽良選手(藤沢総合高校)はスタート直後の加速が弱く、クローズホールドで置いていかれる展開となりました。
女子は抜井理紗選手(大阪教育大学附属高校池田校舎)が小柄な体格ながら得意のダウンウインドで順位を上げて10番台を2回とりました。山崎彩加選手(東海大学付属静岡翔洋高校)と大槻多恵美選手(済美平成中等教育学校)はスタートこそ良かったものの、アップウインドのスピードが足りず、今ひとつ順位を伸ばすことができませんでした。

3日目
予選最終日となるこの日、第4レースで山崎選手が右海面の風をうまくつかみ、最初のマークから一桁台の順位で回航し、2回目の風上レグでフレッシュな風を継続的につかめたことで2位に浮上。さらにダウンウインドでトップを抜き1位でフィニッシュしました。
男子は元尾選手が一桁フィニッシュこそないもののスタートからうまく抜け出し、安定した順位を継続して見事ゴールドフリート入りを果たしました。また、岡田選手、豊島両選手は、あと一歩のところで予選落ちとなりました。

4日目
男子決勝の初日、男子で唯一ゴールドフリートに残った元尾選手が1レース目にはスタートから積極的な走りを見せ25位につけますが、2レース目には56位と順位を落とし、レベルの高いゴールドフリートの洗礼を受ける結果となりました。豊島、岡田選手はシルバーフリートながら高順位で走り、豊島選手は総合でシルバー2位という結果でした。
女子の1レース目には抜井選手が得意の軽風域でのスピードアドバンテージを生かし、4位に。最後の下マーク回航直前にイエローフラッグのペナルティを受けて7位まで順位を落としますが、その後1艇を抜き6位でフィニッシュしました。

5日目
男子ゴールドフリートの元尾選手は3レース目に風速の上がった15ノット前後の風のなか、本部船寄りからいいスタートを切り、シングルで第1マークを回航。2回目の上マーク(第3マーク)まではほとんど順位を落とさずに来ましたが、フィニッシュまでのリーチングレグを含むダウンウインドで約10艇に抜かれ、最終的に19位に。男子シルバーフリートの豊島選手は、4-7-10位と3レースを手堅くまとめ、2位をキープしました。岡田選手は最初のレースで6位となりましたが、風速が上がると順位を上げられませんでした。
女子は抜井選手が5-7-15位と安定した試合運びを見せ、総合11位まで上昇。大槻選手も2レース目には上位の選手に肉薄するシーンも見られました。

6日目
シリーズの最終タイムリミットの15時までにレースができないと判断され、ノーレースとなり、前日までの成績が最終結果となりました。

日本チームは男女ともに入賞者なしという結果となり、悔しさの残る大会となりましたが、今大会の経験を生かして一層のトレーニングに励む所存です。皆さまには引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします。

2019年レーザー4.7級ユース世界選手権大会 最終成績

〔男子〕

ゴールドフリート
38位 元尾帆斗(長崎県立長崎西高校) 27-25-25-13-20-40-25-(56)-30-22-19
シルバーフリート
2位 豊島有壮(広島なぎさ中学校) (39)-39-36-36-23-6-5-7-4-7-10
16位 岡田爽良(藤沢総合高校) 35-47-40-9-(DSQ)-22-17-10-6-24-44

〔女子〕

11位 抜井理紗(大阪教育大学附属高校池田校舎) 17-16-29-(32)-4-6-22-16-5-7-15
26位 山崎彩加(東海大学付属静岡翔洋高校) 24-28-12-1-27-19-32-40-18-46-(47)
32位 大槻多恵美(済美平成中等教育学校) 28-29-(41)-17-22-21-30-37-32-21-40

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
420級世界選手権大会2019 2019年7月3日〜11日 ポルトガル・ヴィラモウラ
ワールドセーリングユースワールド 2019年7月13日〜20日 ポーランド・グダニア
2019年レーザー4.7級ユース世界選手権大会 2019年8月16日~23日 カナダ・キングストン

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop