2018年12月22日(土)~24日(月祝)

ラグビー

2018年度 第3回TIDユースキャンプ(高校日本代表候補合宿)を実施しました。

集まったマイルを選手強化育成費などに使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2018年12月22日(土)~24日(月祝)、京都府・同志社大学京田辺キャンパス内ラグビー場にて、「2018年度 第3回TIDユースキャンプ(高校日本代表候補合宿)」を実施しました。本キャンプは日本ラグビーフットボール協会が、高校生世代の人材発掘と育成のために行っている取り組みで、「TID」とは、Talent Identification(=人材発掘・育成)を意味します。3月実施予定の第44期高校日本代表ウェールズ遠征に向けて継続的に開催してきたキャンプも今回が3回目となり、全国から22名の選手が参加しました。

1日目
6月の第1回(愛知県豊田市)、9月の第2回(東京都府中市)に続き、第3回を数える今回のキャンプは、高校日本代表ウェールズ遠征に向けた1月末のセレクション合宿に残れるかどうかの最後のチャンス。「Selection to Selection」のテーマのもと、選手たちが自分自身を最大限にアピールし、成長することが、今キャンプの目的であり、高校日本代表への道となります。

14時に集合した選手たちはメディカルチェックを経て、開講式とスタートミーティングに臨みました。天野寛之・全国高体連ラグビー専門部副部長によるあいさつに始まり、今キャンプを厚くサポートいただく同志社大学ラグビー部を代表して酒井優コーチより激励をいただき、高橋智也コーチより今キャンプのテーマ、キーワードが示され、キャンプが本格スタートしました。

ミーティング後はグラウンドに移動し、ウォーミングアップののち、里大輔コーチによるスピードセッション、今田圭太コーチのDF、菊谷崇コーチのブレイクダウンのセッションに取り組みました。その後ユニットに分かれてのセッションを最終メニューとし、宿舎でミーティングとウォークスルー、そしてストレッチを行って初日を終了しました。

2日目
早朝6時からのストレングス&コンディショニング(S&C)セッションで一日がスタート。課題に向き合い、基本スキルの反復などで体を目覚めさせます。朝食を挟んでの午前セッションは、目指すラグビースタイルである「High Speed Rugby」の完成を目指したメニューが中心。短時間ながら高強度のセッションが展開されました。

午後は、京都産業大学ラグビー部とのトレーニングマッチのためバスで同大へ移動。素晴らしい環境のもと、ラグビー部の皆さまには親切なご対応をいただき、トレーニングマッチにおいても最後まで高いパフォーマンスで胸を貸していただきました。TIDキャンプメンバーも次回セレクション合宿への生き残りを懸けた戦いにふさわしいパフォーマンスを発揮でき、選手、スタッフとも成果と課題を整理することができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

宿舎へ戻り、夕食後はレビューとウォークスルー、ストレッチ。過密日程のなか、強度の高いゲームを行なったこともあり、この日は早めに就寝し最終日に備えます。

3日目
キャンプ最終日も早朝6時からのS&Cセッションでスタート。
朝食を挟んでのミーティングでは、昨日のゲームレビューから、今キャンプで取り組んだ内容をより高めていく必要性について再確認し、いよいよ最終セッションへ。コーチの指導のもと、それぞれがポイントを意識し再確認しながら取り組みます。昨日の疲労も見せず、積極的にコミュニケーションをとりながらハードワークする選手たちの姿には成長が感じられ、スタッフも評価を新たにしました。

グラウンドで行われた閉校式では、山神孝志・日本協会15人制強化委員会副委員長より、今後の選手に対する期待とエールが送られました。最後に薬師寺利弥・高校日本代表監督より今合宿のレビューと来たるセレクション、強化合宿そして海外遠征に向けた熱いメッセージが伝えられ、無事に全日程を終了しました。

短い日程ながら、選手たちの意欲に満ち、たいへん充実したものとなった今回のTIDキャンプ。同志社大学、京都産業大学両ラグビー部をはじめ多大なご尽力をいただいた関係各位に感謝申し上げるとともに、JALネクストアスリートマイルを通じて活動をご支援いただいている皆さまにも、改めてお礼を申し上げます。関係者一同、今後とも努力を重ねてまいりますので、引き続きお力添えをよろしくお願いいたします。

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
U18 TIDユースキャンプ 2019年6月下旬 和歌山県・西牟婁郡
U18 TIDユースキャンプ 2019年9月下旬 未定
U18 TIDユースキャンプ 2019年12月下旬 未定

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop