2019年11月3日(日)~11日(月)

ライフル射撃

第14回アジア選手権がカタール・ドーハで開催、平田しおり選手が「50mライフル3姿勢」で銅メダルを獲得!

集まったマイルを選手の強化費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年11月3日(日)~11日(月)、カタール・ドーハで「第14回アジア選手権」が開催されました。世界36か国の参加があり、日本からはライフル10名、ピストル10名がエントリー。「50mライフル3姿勢」で平田しおり選手(明治大学)が銅メダルを獲得しました。また、JALネクストアスリートの遠藤雅也選手(日本大学)が「10mエアライフル」で6位入賞しました。

ライフル男子
「10mエアライフル」には各国から59名がエントリー。JALネクストアスリートの遠藤雅也選手と島田敦選手(ともに日本大学)、松本崇志選手(自衛隊体育学校)が出場しました。遠藤選手は625.7点をマークし、予選を通過すると決勝では6位(163.2点)で入賞を果たしました。このほか島田選手は遠藤選手とわずか0.5点差の予選9位(625.2点)で惜しくも決勝進出を逃しました。松本選手は同26位(619.8点)という成績でした。

「50mライフル3姿勢」には松本選手、橋爪一馬選手(岐阜県体育協会)、谷島緑選手(自衛隊体育学校)が参加。松本選手が予選11位、橋爪選手が同14位、谷島選手が同22位と、いずれも決勝進出はなりませんでした。また、オリンピック参加基準点獲得のためのMQS枠で出場した遠藤選手は1144点を獲得しました。
「50mライフル伏射」は谷島選手の8位(621.5点)が日本勢最高位でした。

ライフル女子
62名がエントリーした「10mエアライフル」にJALネクストアスリートの一ノ渡桜選手(アマノ)、中口遥選手(同志社大学)、清水綾乃選手(自衛隊体育学校)が出場。一ノ渡選手が予選17位(623.3点)、清水選手が予選18位(623.1点)、中口選手が予選24位(621.9点)で、いずれも決勝進出はなりませんでした。また、MQS枠で出場した平田選手は623.9点を獲得しました。
「50mライフル3姿勢」には、清水選手、平田選手のほか砥石真衣選手(日立システムズ)が参加。
平田選手が1169点をマークして予選を7位通過。決勝では3位となり、見事銅メダルを獲得しました。平田選手は「試合中は自分自身に向き合って撃てたので緊張はなかった。両親と地元のコーチに感謝したい」と喜びを語りました。このほか砥石選手が予選11位、清水選手が同18位という結果でした。

ピストル男子
「10mエアピストル」には3名が出場。堀水宏次郎選手(香川県警察)が予選10位と健闘しましたが、上位8名による決勝には進めませんでした。このほか松田知幸選手(神奈川県警察)が24位、園田吉伸選手(自衛隊体育学校)が29位でした。
「25mラピッドファイアピストル」に吉岡大選手(京都府警察)、秋山輝吉選手(宮城県警察)、金坂春杜選手(自衛隊体育学校)が出場。秋山選手が582点で予選を3位で通過。決勝では4位と健闘しました。このほか、吉岡選手が22位、金坂選手が32位という結果でした。

ピストル女子
「10mエアピストル」では山田聡子選手(自衛隊体育学校)が57名中11位、北嶋那実子選手(CHICKEN WORKS)が同31位、佐藤明子選手(警視庁)が同37位で、残念ながら予選敗退となりました。MQS枠で出場した小西ゆかり選手(飛鳥交通)は、573点を獲得しました。
「25mピストル」には佐藤選手、北嶋選手、小西選手が出場。佐藤選手が45名中15位、北嶋選手が同22位、小西選手が同36位でいずれも決勝進出はなりませんでした。また、MQS枠で出場した山田選手は581点を獲得しました。

今大会ではライフル女子の平田選手をはじめ、表彰台争いに絡む種目もありました。これから2020年に向けてさらなる競技力向上のために一層のトレーニングに励む所存です。皆さまには変わらぬ温かいご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE ライフル射撃 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
JUNIOR WORLD CUP 2021年7月3日~7月14日 ドイツ・ズール
FISUワールドユニバーシティゲームズ(2021/成都) 2021年8月18日~8月29日 中国・成都

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop