2019年8月25日(日)~30日(金)

ライフル射撃

「第4回東アジアユースエアガン大会」が韓国で開催されました。

集まったマイルをジュニア選手ユニフォーム購入費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年8月25日(日)~30日(金)、韓国・瑞山市にて「第4回東アジアユースエアガン大会」が開催されました。本大会には日本、韓国、シンガポールの3か国が参加し、日本代表として男女合わせて8名(ライフル6名、ピストル2名)が派遣されました。

ピストル男子
10発を1シリ-ズとして合計6シリーズの合計60発の合計点で競う「10mエアピストル」には平野翔大選手(栄北高校)がエントリー。192.1点で7人中4位という成績でした。

ライフル男子
「10mエアライフル」には橋本昂希選手(栄北高校)、大塩勇斗選手(JOCエリートアカデミー/足立新田高校)、深澤駿選手(甲府城西高校)の3名が出場。総合得点203.9点で大塩選手が4位、橋本選手が同5位(183.3点)、深澤選手が同6位(160.1点)となりました。

ピストル女子
「10mエアピストル」に出場した佐藤琳選手(JOCエリートアカデミー/成立学園高校)は、193.6点で4位に入りました。

ライフル女子
「10mエアライフル」には、平野真歩選手(鶯谷高校)、三浦莉桜選手(足羽高校)、高木葵選手(JOCエリートアカデミー/成立学園高校)の3名がエントリー。平野選手が225.4点で3位、三浦選手が同6位(161.6点)、高木選手が同7位(141.2点)でした。

ミックスチーム種目
各国男女1名ずつの2名1組で競う混合団体競技「10mエアライフルミックス」は、橋本昂希選手、高木葵選手ペアが3位で予選を通過。決勝でも3位と健闘しました。三浦莉桜選手と大塩勇斗選手ペアは予選6位、深澤駿選手と平野真歩選手ペアが同7位でいずれも決勝進出はなりませんでした。
また、「10mエアピストルミックス」は、平野翔大選手と佐藤琳選手のペアが7組中5位で決勝進出はなりませんでした。

今大会はユース世代が切磋琢磨できる貴重な場であり、実戦で得た経験を今後の国際大会でも生かせるように、今後とも温かいご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE ライフル射撃 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
JUNIOR WORLD CUP 2021年7月3日~7月14日 ドイツ・ズール
FISUワールドユニバーシティゲームズ(2021/成都) 2021年8月18日~8月29日 中国・成都

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop