2019年7月6日(土)~14日(日)

近代五種

2019近代五種ジュニア世界選手権大会に内田美咲選手が参戦!

集まったマイルを選手の滞在費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年7月6日(土)~14日(日)、ポーランド・ドジョンクフで「2019近代五種ジュニア世界選手権大会」が開催されました。先月、東京で行われたワールドカップファイナル大会の熱狂と興奮が冷めやらぬ中、日本からは女子の内田美咲選手(自衛隊体育学校)が出場しました。

近代五種は水泳、フェンシング、馬術の合計得点上位からレーザーラン(射撃、ランニング)を行い、最終的にゴールした順番で順位が確定する複合競技で、その過酷さから「キング・オブ・スポーツ」とも呼ばれています。

56選手が参加した予選のうち、B組にエントリーした内田選手は得意の水泳で2分15秒10の好タイムをマークし、いきなり首位に躍り出ますが、次のフェンシングで24位と順位を大きく落としてしまいます。昨年は同大会で決勝まで駒を進めた内田選手。シニアの大会にも出場するなど、世界トップレベルの実戦経験も多く積んできました。今年はさらなる好成績を目指して最後のレーザーランに臨みますが、22位と巻き返しはならず、最終的に総合23位(920点)で残念ながら予選敗退となりました。
種目によっては表彰台も狙える位置につけていただけに悔しい結果となりましたが、複合競技ゆえの総合的な競技力の向上がこれからの課題として見えてきた大会でした。皆さまには引き続き温かいご支援のほどをよろしくお願いいたします。

2019近代五種ジュニア世界選手権大会 最終結果

〔女子〕

予選敗退
内田美咲(自衛隊体育学校) 920点

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE 近代五種 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
UIPM 2021 Pentathlon World Cup I&World Cup II 2021年4月7日~4月18日 ブルガリア・ソフィア
UIPM 2021 Pentathlon and Laser Run World Championships 2021年6月7日~6月13日 エジプト・カイロ

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop