2019年6月27日(木)~30日(日)

近代五種

2019ワールドカップファイナル東京大会、初の地元開催に日本勢も奮闘しました!

集まったマイルを選手強化費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年6月27日(木)~30日(日)、東京都調布市の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」および「AGFフィールド」で「UIPM 2019近代五種ワールドカップファイナル東京大会」が開催されました。日本初開催で、2020年を見据えたテスト大会ということもあり、国際近代五種連合のクラウス・ショーマン会長らも視察に訪れました。
今大会には世界中から男女各36名の選手が参加。日本は男子2選手、女子3選手が出場し、女子決勝で朝長なつ美選手(警視庁)が1338点で10位、男女ミックスリレーで朝長なつ美・小野友行ペア(ともに警視庁)が1430点で7位と大観衆の声援を浴びながら奮闘しました。

近代五種は水泳、フェンシング、馬術の合計得点上位からレーザーラン(射撃、ランニング)を行い、最終的にゴールした順番で順位が確定する複合競技で、その過酷さから「キング・オブ・スポーツ」とも呼ばれています。

女子
朝長なつ美選手(警視庁)、山中詩乃選手、島津玲奈選手(ともに自衛隊体育学校)が出場。前日のランキング・ラウンド(総当たり戦)では11位につけた朝長選手は、この日も水泳で8位、フェンシング11位、馬術では2位と好調をキープ。最後のレーザーランは22位と順位を落としたものの、合計1338点の10位でフィニッシュ。山中選手は最初の水泳で34位と出遅れましたが、フェンシング12位、馬術14位、レーザーランでは10位と巻き返し、総合13位(1328位)。島津選手は水泳7位、レーザーランで9位と上位に入るも、フェンシングと馬術でのミスが響き、総合23位(1277点)という結果でした。

男子
嶋野光選手(自衛隊体育学校)と小野友行選手(警視庁)がエントリー。嶋野選手は最初の水泳で9位と順調なスタートでしたが、フェンシングで26位と順位を落とし、馬術で4位と巻き返すも最後のレーザーランで19位に終わり、総合18位(1414点)という結果でした。また小野選手は水泳以外の種目で奮わず、総合27位(1315点)に終わりました。

ミックスリレー
男女混合のチーム戦となるミックスリレーには、朝長なつ美選手と小野友行選手ペア、山中詩乃選手と嶋野光選手のペアで出場しました。朝長・小野選手ペアは水泳で5位、フェンシングで8位、馬術で9位、レーザーランで5位とコンスタントに結果を残し、合計1430点で総合7位に入りました。また、山中・嶋野選手ペアは、水泳8位と好スタートを切ったものの、フェンシング13位、馬術15位、レーザーラン13位と波に乗れず、総合13位(1332点)で終えました。

初の日本開催となった今大会には連日多くの観客が詰めかけました。山中選手は「こんなにたくさん応援してくれると思っていなかった。声援が後押しになった」と感激した様子。また、小野選手も「大勢の観客のなかでやることを、五輪前に経験できたのは大きかった」と2020年の夢舞台へイメージを膨らませていました。
今大会の経験を生かし、今後も表彰台を目指して練習に励んでまいりますので、引き続き皆さまの温かいご支援・ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

2019近代五種ワールドカップファイナル東京大会 最終結果

〔男子〕

18位
嶋野光(自衛隊体育学校) 1414点
27位
小野友行(警視庁) 1315点

〔女子〕

10位
朝長なつ美(警視庁) 1338点
13位
山中詩乃(自衛隊体育学校) 1328点
23位
島津玲奈(自衛隊体育学校) 1277点

〔ミックスリレー〕

7位
朝長なつ美・小野友行(ともに警視庁) 1430点
13位
山中詩乃・嶋野光(ともに自衛隊体育学校) 1332点

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
イギリス トレーニングキャンプ 2019年4月1日〜8日 イギリス・ミルフィーユドスクール
ワールドカップ第2戦 2019年4月8日〜16日 ブルガリア・ソフィア
ワールドカップ第3戦 2019年4月30日〜5月8日 ハンガリー・セーケシュフェヘールヴァール
ワールドカップ第4戦 2019年5月19日〜28日 チェコ・グラドノ
ワールドカップ ファイナル 2019年6月27日〜30日 日本・東京
ジュニア世界選手権 2019年7月4日〜16日 ブルガリア・ソフィア
U19・U17世界選手権 2019年7月15日〜28日 ブルガリア・ソフィア
シニア世界選手権 2019年8月30日〜9月11日 ハンガリー・ブタペスト
全日本選手権 2019年12月11日〜13日 日本

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop