2018年8月31日(金)~9月1日(土)

近代五種

「第18回アジア競技大会」
日本4選手がそろってトップ10入りを果たしました

集まったマイルを選手強化育成費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2018年8月10日(金)~9月2日(日)、インドネシア・ジャカルタにて「第18回アジア競技大会」が開催され、近代五種は大会最終盤の8月31日、9月1日に競技が行われました。日本からは4名(男女各2名)が出場し、そろってトップ10入りという好成績を収めました。

女子
8月31日に行われた女子競技には、島津玲奈選手(自衛隊体育学校)と朝長なつ美選手(警視庁)が出場しました。

得意の水泳で2位と好発進した島津選手は、続くフェンシングで13人中11位と大きく後退。消極的な内容に「悪いフェンシングをしてしまった」と反省しましたが、気持ちを切り替えて臨んだ馬術では293点を獲得する好騎乗を披露し種目別3位、全体でも5位に浮上。最終種目のレーザーランで総合順位をさらに一つ上げ、4位でフィニッシュ(合計1283点)しました。

水泳4位からスタートした朝長選手は、フェンシングを14勝10敗と勝ち越し5位とします。続く乗馬は割り振られた馬のコントロールに手こずり、障害のバーを落とすミス。苦戦しながらもトータルスコアで6位に踏みとどまると、最終種目のレーザーランではこちらも総合順位を一つ上げ、5位でフィニッシュ(合計1272点)。

島津選手、朝長選手ともメダル争いにはわずかにおよびませんでしたが、アジア大会の舞台で大いに実力を示しました。

男子
9月1日の男子競技には、小野友行選手(警視庁)と岩元勝平選手(自衛隊体育学校)が出場。岩元選手は前回2014年仁川大会の銅メダリスト、小野選手はアジア大会初出場ですが、ワールドカップや世界選手権など経験豊富な選手です。

小野選手は第1種目の水泳を5位とすると、続くフェンシングは17勝9杯と大きく勝ち越し3位に浮上。さらに馬術では満点に迫る298点を挙げ全体2位に。最終種目のレーザーランはトップとのスタート差わずか15秒で臨むことになり、メダル獲得への期待が膨らみましたが、時間をロスしてしまい後退。総合6位(合計1406点)となりました。

水泳6位からスタートした岩元選手は、フェンシングで14勝12敗と思うように勝ち星を増やせず7位。続く馬術は「気負ってしまった」といい、順位を一つ下げて8位に。ラストのレーザーランまでいまひとつ波に乗れないまま、総合8位(合計1367点)で競技を終了しました。

メダル争いに絡めず、競技内容には反省点もあるとした両選手ですが、アジアのトップ10に名を連ねた健闘はみごとでした。

2018年アジア競技大会における4選手の戦いぶりを、以上のとおりご報告いたします。アジアのライバルたちとの研鑽を経て、選手たちは世界を舞台により優れた戦績を挙げるべく、さらなる技術向上に励みます。皆さまには引き続き熱いご支援お願い申し上げます。

第18回アジア競技大会

〔女子〕

4位
島津玲奈(自衛隊体育学校)1283点
5位
朝長なつ美(警視庁)1272点

〔男子〕

6位
小野友行(警視庁)1406点
8位
岩元勝平(自衛隊体育学校)1367点

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE 近代五種 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
UIPM 2021 Pentathlon World Cup I&World Cup II 2021年4月7日~4月18日 ブルガリア・ソフィア
UIPM 2021 Pentathlon and Laser Run World Championships 2021年6月7日~6月13日 エジプト・カイロ

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop