2020年9月5日(土)~6日(日)

パラ陸上

第31回日本パラ陸上競技選手権大会が無観客で開催。今年度初の全国大会で好記録が続々と生まれました。

集まったマイルを大会開催に伴う新型コロナウイルス感染予防対策費用の一部として使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2020年9月5日(土)~6日(日)、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で「第31回日本パラ陸上競技選手権大会」が開催されました。今年度は新型コロナウイルス感染予防のため、残念ながら無観客での開催となりましたが、大会延期や中止が相次いだこれまでの鬱憤を晴らすかのような好記録が続々と生まれました。

大会初日は猛暑のなか、男子やり投げ(F46クラス)でJALネクストアスリートの山崎晃裕選手(順天堂大学職員)が最終6投目で60m09をマークし優勝しました。自身と同じく連盟強化選手である高橋峻也選手(日本福祉大学)に4投目でリードされるも、慌てることなく日本記録保持者の意地を見せた山崎選手は「自分の目標は東京パラリンピックでの金メダル獲得なので、まだ時間があるのでしっかり練習に励みたい」と、さらなる向上を誓いました。

女子走り幅跳び(T64)では、中西麻耶選手(阪急交通社)が4回目の跳躍で5m70のジャンプで自身の持つアジア記録を更新して優勝しました。昨年の世界パラ陸上競技選手権大会で金メダルを獲得した中西選手は「コロナ禍で練習環境は制限されたが、練習の質は全く落ちなかった。この大会は記録更新しかないと思って競技しました」と話しました。

大会2日目、男子10000m(T12)では堀越信司選手(NTT西日本)が32分23秒61のタイムで自身の持つアジア記録を更新。しかし堀越選手は「合宿中も質の高い練習ができていたので今大会、自信を持ってスタートラインに立ちましたが、思ったような走りではなかった。少し悔しさが残った」と、結果には満足していない様子。「何ごとも山あり谷ありですが、しっかり自分の走りを見つめて万全な調子で挑んでいきたい」と、気持ちを引き締めました。

知的障がいクラスの女子1500m(T20)では、古屋杏樹選手(彩tama陸上クラブ)が4分36秒56のアジア新記録で優勝。また、男子1500m(T20)では赤井大樹選手(十川ゴム)が3分56秒24のアジアタイ記録で優勝するなど、今後の活躍が大いに期待されます。

男子400m、1500m(T52)には同種目の世界記録保持者であり、昨年の世界パラ陸上競技選手権大会で金メダルを獲得している佐藤友祈選手(GROP SINCERITE WORLD-AC)が出場し、400mを58秒03、1500mは3分33秒82で大会新記録をマーク。1500mは単独走になりましたが「自分なりにベスト尽くして気持ちよく走れました」とのこと。2020年の大舞台が延期になってしまったことについては「気持ちの切り替えはできている。調整をしっかりして世界記録更新と金メダルを取る意思は変わらない」と、力強く語りました。

このほかのJALネクストアスリートも久しぶりの全国大会で躍動しました。澤田優蘭選手(マッシュスポーツラボ)は女子走り幅跳び(T12)で大会記録となる5m27をマーク。澤田選手は100mにも出場し、12秒66のタイムで優勝しています。また、吉田知樹選手(広島建設)は男子100m(T63)に出場し、13秒81で3位入賞しました。

コロナ禍のなか、感染予防対策を徹底した上での無観客開催となった今大会。依然厳しい競技環境にありながらも大きな目標に向かってひたむきな努力を続ける選手たちに今後とも温かいご声援をよろしくお願いいたします。

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
日本選手権 2019年6月1日〜2日 大阪府・長居陸上競技場
ジャパンパラ陸上競技大会 2019年7月20日〜21日 岐阜県・長良川競技場
世界選手権(東京パラリンピック各国選考対象) 2019年11月3日〜9日 ドバイ

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop