2019年6月1日(土)~2日(日)

パラ陸上

第30回日本パラ陸上競技選手権大会が開催、山本篤選手と湯口英理菜選手が世界新記録達成!

集まったマイルを選手サポート用品に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年6月1日(土)~2日(日)、大阪・ヤンマースタジアム長居で「第30回日本パラ陸上競技選手権大会」が開催されました。2日間でのべ約5000人近くの観客が見守るなか、T63クラスの山本篤選手(新日本住設)が200mで、T61クラスの湯口英理菜選手(日本体育大学)が100mと200mの2種目でそれぞれ世界記録を達成しました。

大会初日は天候にも恵まれ、記録更新が相次ぎました。T63クラスの山本篤選手(新日本住設)は200mで26秒64をマークし、今年UAEで開かれたシャルージャ国際大会で出した自身の世界記録を更新しました。山本選手は同クラス走り幅跳びの日本記録保持者でもあり、今大会でも6m53cmで優勝しています。パラ陸上界では数少ないプロ選手として活動している山本選手は「自分のコンディションと競技の環境がそろえば世界記録は簡単にいける」と話しており、今後の活躍に期待がかかります。

また、T61クラスの湯口英理菜選手(日本体育大学)は、200mを46秒69の世界新記録で優勝すると、2日目の100mでも20秒61の世界新記録を樹立するという偉業を成し遂げました。

さらに、F64クラス円盤投げで前田樹里選手(SLT)が23m53cm、F63クラスやり投げで眞野雄輝選手(古賀オール)が43m21cm、T34クラス800mで金涌貴子選手が2分27秒91と、それぞれアジア新記録を達成しました。

大会2日目は小雨が降るコンディションのなか、T63クラスの兎澤朋美選手(日本体育大学)が100mで16秒69、T13クラスの佐々木真菜選手(東邦銀行)が400mで58秒34をマークし、ともにアジア新記録で優勝しました。T52クラスで4つの世界記録を持つ佐藤友祈選手(WORLDAC)は400mで1分00秒00、1500mでは3分46秒13で2種目制覇しました。

また、JALネクストアスリートも躍動しました。山﨑晃裕選手(順天堂大学)は、F46クラスやり投げで、自身が持つ大会記録を3m以上更新する56m76cmで優勝しました。T12クラス100mに出場した澤田優蘭選手(マッシュ)は、日本記録更新まであと0.03秒と迫る12秒60の好タイムで優勝。走り幅跳びでも5m21cmの大会新記録をマークし、2冠を達成しました。

最終的に世界新記録3、アジア新記録8、日本新記録は32という素晴らしい結果で幕を閉じた日本選手権。今後、国内では7月に「ジャパンパラ陸上競技大会」、11月にはドバイで「2019世界パラ陸上競技選手権大会」が行われる予定です。日本のパラリンピック陸上競技は、世界記録更新も十分に可能なトップレベルにあります。日々厳しいトレーニングを続ける選手たちに引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
第31回日本パラ陸上競技選手権大会 2020年9月5日~6日 埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
2020愛知パラ陸上競技フェスティバル 2020年10月11日 愛知県・いちい信金陸上競技場

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop