2019年4月6日(土)~14日(日)

フェンシング

2019世界ジュニア・カデフェンシング選手権大会、ジュニア女子フルーレ団体では史上初の準優勝、ジュニア男女フルーレ個人で藤倉類選手、上野優佳選手が銅メダル獲得!

集まったマイルを選手強化費に充てさせていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年4月6日(土)~14日(日)、ポーランド・トルンで「2019世界ジュニア・カデフェンシング選手権大会」が開催されました。日本からはカデ(13歳以上17歳未満)、ジュニア(17歳以上20歳未満)総勢37名の選手が出場。ジュニア女子フルーレ団体戦では、東晟良選手、上野優佳選手、辻すみれ選手、狩野央梨沙選手による日本チームが同種目団体では史上初となる準優勝に輝きました。また、個人戦ではジュニア男子フルーレの藤倉類選手と同女子フルーレの上野優佳選手が、それぞれ銅メダルを獲得しました。

サーブル
ジュニア男子個人戦では杉本隆大選手(日本大学)、吉田多聞選手(法政大学)、小久保真旺選手(星槎国際高等学校川口)、坪颯登選手(JOCエリートアカデミー)の4名が決勝トーナメントに進出し、杉本選手の42位が日本勢最高位でした。さらに小久保選手、坪選手は翌日行われたカデ男子個人戦にも出場し、それぞれ決勝トーナメント2回戦まで勝ち上がりました。このほか、ジュニア男子団体戦は出場31か国中17位の成績を収めました。
ジュニア女子個人戦は、決勝トーナメント1回戦で月野敬子選手(法政大学)と谷山鈴々花選手(東京女子体育大学)の日本勢対決もありましたが、23位にJALネクストアスリートの高嶋理紗選手(法政大学)が入りました。また、この3名に脇田樹魅選手(日本女子体育大学)をメンバーに加えて挑んだジュニア女子団体戦では、12位と健闘しました。カデ女子個人戦は、尾崎世梨選手(鹿児島南高校)が日本勢最高位の33位となりました。

フルーレ
ジュニア女子個人戦は、昨年の同大会で金メダルを獲得したJALネクストアスリートの上野優佳選手(星槎国際高等学校川口)が登場。2冠を目指して順当に勝ち上がり、準決勝でSCRUGGS選手(アメリカ)に1点差で惜しくも敗れましたが、2大会連続でのメダル獲得となりました。他にも東晟良選手(日本体育大学)が6位入賞、辻すみれ選手(朝日大学)が11位と好成績を収めました。また、ジュニア男子個人戦は、藤倉類選手(慶應義塾大学)が準決勝で世界ランキング5位のMYLNIKOV選手(ロシア)と対戦。7-15で敗れましたが、見事銅メダルを獲得しました。
ジュニア女子団体戦は個人戦で銅メダルを獲得した上野選手をはじめ、東選手、辻選手、狩野央梨沙選手(早稲田大学)の4名で出場し、準々決勝では世界ランキング3位のアメリカと対戦。最大11点差からの逆転勝利を収め、続く準決勝ではフランスに44-32で快勝しました。決勝の相手は韓国を破り勝ち上がってきた同2位の強豪ロシア。チーム一丸となって戦った結果、32-39で惜しくも敗れましたが、同種目では史上初となる、銀メダルを獲得しました。
また、個人戦銅メダリストの藤倉選手、ガッツチョーク・ジュリアン選手(セントメリーズインターナショナル)、上野優斗選手(中央大学)、馬場俊輔選手(大垣南高校)の4名で挑んだジュニア男子団体戦では、準々決勝でアメリカに敗れたものの、その後の順位決定戦で見事2勝し、5位入賞を果たしました。

このほか、カデ男子個人戦で馬場選手が9位、飯村一輝選手(龍谷大学付属平安高校)が10位とそろってベスト10入りを果たし、同女子個人戦では竹澤志緒里選手(乙訓高校)が12位となり、ジュニアに続いて若き才能の輝きが見られました。

エペ
ジュニア女子個人戦は、成田琉夏選手(専修大学)が16位、同男子で田尻航大選手(中央大学)が22位と健闘しました。また、ジュニア男子団体戦では決勝トーナメント2回戦でロシアチームに1点差で惜敗しましたが、その後の順位決定戦で12位と、ベスト16入りを果たしました。このほか、ジュニア女子団体戦では出場31か国中17位の成績を収めました。
カデ女子個人戦では高橋栄利佳選手(与野高校)が9位、齋藤華南選手(秋田商業高校)が12位と健闘。カデ男子個人戦では松本龍選手(王子総合高校)の18位が日本勢最高位でした。

今大会、日本選手団は銀メダル1つ、銅メダル2つを獲得したほか、ジュニア・カデ両カテゴリーで上位入賞を果たすことができました。この結果に満足することなく、フェンシング改革を進める太田雄貴日本フェンシング協会会長のもと、さらなる競技力向上に励んでまいります。皆さまには引き続き、日本の若きフェンサーたちが世界へ羽ばたけるよう、力強いご支援をお願いいたします。

Activity report

JAL NEXT
ATHLETE MILE フェンシング 最新のレポートはこちら

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
第74回全日本フェンシング選手権大会 2021年 未定 東京(予定)
2021高円宮杯フェンシングワールドカップ東京大会 2021年 未定 未定
第29回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会 2022年1月(予定) 東京(予定)

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop