2019年8月17日(土)~22日(木)

カヌー

「文部科学大臣杯 令和元年度日本カヌースプリントジュニア選手権大会」が山梨県・精進湖カヌー競技場で開催されました。

集まったマイルを選手の強化費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2019年8月17日(土)~22日(木)、山梨県・精進湖カヌー競技場で「文部科学大臣杯 令和元年度日本カヌースプリントジュニア選手権大会」が開催されました。カヌースプリントは、カヤック部門(K) とカナディアン部門(C)に分かれ、静水面で1人乗り(シングル)、2人(ペア)、4人乗り(フォア)の艇に乗り、一定の距離と水路(レーン)を決めて複数の艇が一斉にスタートして最短時間で漕ぎ、着順を競う競技です。今大会では、500mおよび200mのみの種目別で行われました。

男子カナディアンシングルでは、大分・高田高校の米光陸選手(大分県カヌー協会)が200mと500mで優勝。米光選手はこのほかにも200mフォアで優勝、500mフォアは準優勝と参加種目すべてで表彰台に上り、大分県の総合優勝に貢献しました。
男子カヤックは500mで福島・安達高校の青木瑞樹選手(福島県カヌー協会)が、200mは香川・坂出工業高校の松本仁心選手(香川県カヌー協会)がそれぞれシングルとフォアで2冠を達成。

また、女子カナディアンシングルは、三重・桑名西高校の日沖悠選手(四日市カヌークラブ)が500m、200mの2冠を獲得しました。
女子カヤックは千葉・小見川高校の諏訪智美選手(千葉県カヌー協会)が500mおよび200mシングルを含め4種目で優勝しました。小見川高校カヌー部は女子カヤック全出場種目で6冠を達成し、千葉県代表として2連覇を果たしました。
2020年へ向けて若い才能が大きく花開いているカヌー競技界。国内だけでなく世界のトップレベルを目標に、日々トレーニングに励んでいます。引き続き皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

日本カヌースプリントジュニア選手権大会

〔男子カヤック500m〕

1人乗り
優勝:青木瑞樹(福島県カヌー協会) 01:50.372
2人乗り
優勝:山崎穣・菱田悠杏(オーパルオプテックスカヌーチーム) 01:43.500
4人乗り
優勝:小久保海杜・青木瑞樹・小山田香貴・野地寿(福島県カヌー協会) 01:35.120

〔男子カナディアン500m〕

1人乗り
優勝:米光陸(大分県カヌー協会) 02:01.193
2人乗り
優勝:岩永紘明・荒金透音(大分県カヌー協会) 01:56.001
4人乗り
優勝:森陽紀・井原崚汰・長坂蓮・梅村昂生(名鉄学園杜若高校) 01:48.329

〔女子カヤック500m〕

1人乗り
優勝:諏訪智美(千葉県カヌー協会) 02:08.041
2人乗り
優勝:柳堀あいり・髙野真緒(千葉県カヌー協会) 01:59.388
4人乗り
優勝:柳堀あいり・諏訪智美・髙野真緒・寺岡夏鈴(千葉県カヌー協会) 01:52.930

〔女子カナディアン500m〕

1人乗り
優勝:日沖悠(四日市カヌークラブ) 02:36.672

〔男子カヤック200m〕

1人乗り
優勝:松本仁心(香川県カヌー協会) 00:39.132
2人乗り
優勝:鈴木翔大・多田良樹生(山梨選抜) 00:36.398
4人乗り
優勝:松本仁心・池田健人・蒲生斎樹・角裕二朗(香川県カヌー協会) 00:35.269

〔男子カナディアン200m〕

1人乗り
優勝:米光陸(大分県カヌー協会) 00:43.749
2人乗り
優勝:岩永紘明・荒金透音(大分県カヌー協会) 00:42.468
4人乗り
優勝:米光陸・岩永紘明・荒金透音・中園太陽(大分県カヌー協会) 00:39.598

〔女子カヤック200m〕

1人乗り
優勝:諏訪智美(千葉県カヌー協会) 00:45.301
2人乗り
優勝:柳堀あいり・髙野真緒(千葉県カヌー協会) 00:44.127
4人乗り
優勝:柳堀あいり・諏訪智美・髙野真緒・寺岡夏鈴(千葉県カヌー協会) 00:41.384

〔女子カナディアン200m〕

1人乗り
優勝:日沖悠(四日市カヌークラブ) 00:54.609

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
日本カヌースプリントジュニア選手権大会 2019年8月19日〜22日 山梨県富士河口湖町
日本カヌースラロームジュニア選手権大会 2019年9月20日〜22日 岐阜県揖斐川町

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop