陸上

2018年度第3回U20オリンピック育成競技者合宿 報告

集まったマイルを第3回U20オリンピック育成競技者合宿の運営費の一部に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。引き続きご支援、ご声援よろしくお願いいたします。

第3回U20オリンピック育成競技者合宿は、長距離選抜選手がメルボルン、短距離・跳躍選手がシンガポール、投擲・アジアユース選手権代表選手が台湾にて実施いたしました。
メルボルンでは、現地のジュニアチーム・コーチと共にトレーニングに励みました。地元で開催されたBox Hill Classicというレースに出場し、海外レースを経験することもできました。また、合宿期間中は買い出しから調理まで選手自らが行い、栄養士さんによるアドバイスを受けながら自炊に挑戦しました。選手はトレーニングだけでなく今後競技者として過ごす上で活かすことにできる遠征期間を過ごすことができました。

シンガポールでは、2月の日本とは真逆の高温多湿の環境下でしたが、伸び伸びとした雰囲気と十分な施設のもと、選手たちは充実したトレーニングを行うことができました。慣れない食事や英語によるコミュニケーションに戸惑いが見受けられましたが、日が経つにつれ「現状を受け入れてどのように対応すべきか」を考え、補食の買い出しに向かったり、単語をつなげたりジェスチャーを加えて意思疎通を図ったりと前向きに挑戦する姿がうかがえるようになりました。合宿最終日には、「またここで合宿をしたい」と海外での活動に対して積極的な声が上がり、今後活発な国際的場面での活動が期待のできる合宿となりました。

投擲練習において施設環境が整っていることで、投擲ブロックは例年合宿を行っている台湾へ向かいました。加えて、アジアユース選手権代表選手は本戦に向けて台湾の試合にオープン出場するために台湾合宿へ参加しました。台湾での合宿は今年で4年目を迎え、高校1年時から参加している選手は、合宿に参加できること、十分な環境でトレーニングできることに感謝の想いを示しておりました。

一方、初めて海外での試合を経験したアジアユース選手権代表選手は、日本での試合進行との違いに驚きを隠せずいました。しかし、この経験が本番に向けたシミュレーションとなったため、選手それぞれが本戦に向けてどのような準備が必要かを考えることができました。また、ここで良い記録をマークできた選手は自信となり、本戦での活躍により期待のできる遠征となりました。

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
第1回オリンピック育成競技者合宿 2019年11月未定
第2回オリンピック育成競技者合宿 2020年1月未定
第3回オリンピック育成競技者合宿 2020年2月未定

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop