JALサンライト

文字サイズ変更

先輩社員の想い

2015年入社
総務センター羽田事務サポートグループ
木下 絵理 肢体不自由、電動車いす使用、掴まっての歩行は多少であれば可能です。

具体的な業務内容について教えてください。
軽度の知的障がいのあるスタッフの見守り業務を担当しています。
スタッフの疑問点を一緒に解決することやペアを組んでデータ入力や仕分けの業務を行っています。
そのほか、電話応対やスタッフの日常の業務内容を考えています。
仕事を行なう上で苦労したことを教えてください。
業務の段取りを組むことです。社内メイリングや終礼の時間を頭に入れながらデータ入力などの業務配分をおこない、終了時間までを見極めることが難しいです。
また、指先の機能が鈍いため、紙に記載されたデータの入力ミスをしてしまうことがあります。
上記に対してどのような工夫をしているのか、どのようなサポートを受けているのか教えてください。
上司や周囲の社員からアドバイスを受けたり、段取りに関する本を読みました。
そのほか、自分自身の気持ちの切り替えを早くするように心がけています。
入力ミスを防ぐためにペアを組んで相互確認を実施しています。
就職活動で苦労したこと、感じたことを教えてください。
車いすを受け入れる設備が整っている企業が少ないことや満員電車での通勤が難しいこと、あるいは手動の車いすは受け入れ可でも、電動車いすは不可となる企業がありました。他の障がいの方々と比べると施設面の問題で就職活動の幅はかなり狭くなります。
JALサンライトに入社して感じたことを教えてください。
親切で、明るく、ビジネスマナーがしっかりしている社員が多いです。
そのほか定期的に人事面談をしていただけるなど、入社後のケアが手厚いので、自分自身へのフィードバックが可能です。問題が起きた時に相談がしやすく、対応が親切です。
これからの目標をお聞かせください。
先輩達のように丁寧で確実な仕事ができるようになること、周囲から信頼を寄せられる社員になることを目標としています。
信頼を得るためには、丁寧で確実な仕事が基本となりますので、日々『有意注意』を心がけています。
最後にご応募をお考えの方へメッセージをお願いします。
事務職は、繁忙期を避ければ休暇を取得しやすいです。私の所属部署は、土・日・祝日がお休みなので、趣味や習い事を楽しむ時間が持てます。プライベートの時間を充実させやすいことが最大の魅力です。
ページの先頭へ