JALサンライト

文字サイズ変更

企業理念

企業理念

JALグループ企業理念

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、

  • 一、お客さまに最高のサービスを提供します。
  • 一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

JALサンライト企業理念

障がいを仕事の障害としない環境をもとに
多様性を活かし、新たな価値を創造し続けます。

私たちは、JALグループ企業理念の実現に向け、特例子会社としてJALサンライト企業理念を掲げています。障がいを仕事の障害としない環境の中で社員一人一人が高い向上心を持ち、それぞれの個性を尊重し活かしていくことによって常に新しいことを創造し、日々成長・発展していきます。

多様な人財を一つのベクトルに束ね、最高のチームワークをつくり上げることによって、最高品質のサービスを提供し、社会になくてはならない存在となることを目指します。

ここに、JALサンライト企業理念とJALグループ企業理念との関係性を表した図があります。最初に一人一人が仕事に喜びを感じられることを力に設備・仕事・心のバリアフリーを実現します。次に一人一人のベクトルを束ね力に創造・成長・発展を実現します。最後に一人一人がJALの力になりお客さま、社会へ貢献します。

社長メッセージ

人財の多様性と健康経営で、お客さま、そして社会に新たな価値を提供していきます。

  • 代表取締役社長 真行寺 誠

  • JALサンライトのホームページを開いていただきありがとうございます。
    "障がいがあることを仕事の障害としない職場を築く"という理念を掲げ、障がいのある皆さんが“太陽のように明るく輝き、未来が拓けるように”との願いを込めて設立されたJALサンライトは、1995年11月の創立以来、多彩な業務を担えるまでに成長することができました。これもひとえに皆さま方から多方面にわたるご支援があったからこそと、社員一同を代表して御礼申し上げます。

創業以来培ってきた丁寧・確実かつ効率良く実務を担う強みを活かしながらJALグループの経営効率化の一翼を担うべく、従来から担ってきた給与支払いや福利厚生などJALグループ社員の仕事や日常を支える事務サービス業務に加え、近年では航空券類審査などお客さまの空の旅や、客室乗務員の勤務スケジュール作成など社員の空の仕事を直接支える業務も担うようになりました。最近では、社員向けのカフェやマッサージルームの開設で社員の健康や生産性の向上に貢献したり、農業の軽作業受託や食品ロス削減などSDGs※を念頭に社会課題にも取り組み始めました。その結果、私たちの職場に集う人財は現在400名を越える規模にまで成長し、全国重度障害者雇用事業所協会より「障害者活躍企業」の認証や、経済産業省より「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定いただくことができました。
※「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月に国連で開かれたサミットのなかで世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

JALサンライトでは、障がいのある皆さんの雇用を促進するという役割を事業の目的・意義の中核に据える特例子会社として障がい特性に基づく職務開拓や就業環境を整えるニーズに応えていくことに加え、性別、世代、性的指向、ワーク・ライフ・バランスの在り方といった人財のさまざまな多様性の軸を私たちの価値の源泉として最大限活かし、一人一人の個性がもっとも輝く環境を創り、新しい価値を創造しつづけていくことこそが私たちの使命であると考えています。

今後とも、人財の多様さを一つのベクトルに束ね、障がいの有無に関わりなく共に働く事に喜びや、やり甲斐を感じ、誰もが健康で豊かな人生を全うできるよう、社員一同努力・研鑽してまいりますので、引き続き皆さまのご指導・ご鞭撻をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

以上

ページの先頭へ