競技団体からのメッセージ〔サッカー〕

日本サッカーの未来を一緒に応援してください

PROFILE

公益財団法人日本サッカー協会 技術委員長

反町 康治

YASUHARU SORIMACHI

慶應義塾大学体育会ソッカー部出身。現役時代には全日空横浜サッカークラブ、 横浜フリューゲルス、ベルマーレ平塚に所属し、日本代表としてもプレー。97年引退後はJクラブで監督業をスタートすると、その後日本代表コーチ、アンダーカテゴリーの監督を歴任。U-23日本代表監督として08年の北京五輪を率いた。20年3月よりJFA技術委員長として、サッカー日本代表の強化、指導者の養成、ユース年代の選手育成などを主導している。 

MESSAGE

JFAは2005年に、「2050年までにFIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会で優勝チームとなる」と宣言をしました。この目標に向け、これまでにも多くの選手や指導者など、日本サッカーに関わるすべての人々が努力を続けてきました。


こうしている今も、若い選手達はSAMURAI BLUEを目指し、そしてワールドカップで優勝することを夢見て、毎日ボールに向かい、努力を続けています。世界中がさまざまな困難に立ち向かう今の時代に、彼らのような若きアスリート達は今後も多くの苦境に遭遇するかもしれません。そんな彼ら一人一人が自分らしく輝けるように、我々も全力でサポートしていきたいと思っています。

 

“ワールドカップで日本代表が優勝すること”

 

これは、サッカー選手やサッカーファン・サポーターだけでなく、日本国民全員の夢だと信じています。我々の夢を叶えてくれる可能性を持った若き選手達を、この「JALネクストアスリートマイル」を通じて、皆さまにも応援いただけると嬉しいです。

応援状況

マイルで応援する

日本地区会員の方

日本地区以外の会員の方*1

  • 寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。
  1. 日本地区以外の会員の方は、会員ログインのうえ、上記「マイルで応援する」ボタンを押下いただくと、お申し込みが完了となります。お申し込み後の取り消しは一切できませんので、ご注意ください。マイルの引き落としは、お申し込み日より1週間以内に行います。