ライフル射撃

RIFLE

射撃スポーツは、ライフル銃やピストルを用いて、その的中点を競う競技で、 その種目は、銃種、射距離、姿勢や弾数などで異なります。 オリンピック種目としては、第1回アテネ大会から実施され、 その参加国数は陸上競技についで多く、世界では大変古くて盛んなスポーツです。 銃、火薬といった人間が発明した技術をスポーツに取り入れた競技であると同時に、メンタルなスポーツという点でもまさに近代スポーツの一つといえるでしょう。

射撃は10代でも国際大会で活躍する事ができる競技で、海外では適性が合えば始めて4年で国際大会に出場する選手もいます。
日本でも1960年ローマ、1964年東京オリンピックで連続してフリーピストル種目で銅メダルを獲った吉川貴久選手以来4人の五輪メダリストを生み、中でも1984年には蒲池猛選手がラピッドファイアピストルで金メダルを獲っています。いま全国の3800人の若者が国際舞台をめざし毎日練習を続けています。彼らのなかから海外での試合経験を積んで、日本代表となり、さらに世界と戦う選手が育つよう、ぜひご支援ください。

ネクストアスリート

島田 敦 ATSUSHI SHIMADA

2016

ISSFジュニアワールドカップ 銀メダル

東アジアユース大会 金メダル

遠藤 雅也 MASAYA ENDO

2017

世界ジュニア選手権 エアライフル男子団体 優勝

エアライフル男子 日本記録保持者

一ノ渡 桜 SAKURA ICHINOWATARI

2016

全日本ライフル射撃競技選手権大会 優勝

岩手国体 エアライフル 優勝

2017

愛媛国体 エアライフル 優勝

清水 彰人 AKIHITO SHIMIZU

2016

TRZIN CUP 金メダル

岩手国体 エアライフル男子少年種目 優勝

愛媛国体リハーサル大会 エアライフル男子少年種目 優勝

2017

ジュニア世界選手権 エアライフル男子団体 金メダル

全日本ライフル射撃競技選手権大会 優勝

エアライフル男子 ファイナル日本記録保持者

八川 綾佑 RYOSUKE YAKAWA

2014

JOCカップエアライフルジュニア優勝

2015

ISSFジュニアカップ 金メダル

上田 ゆい YUI UEDA

2016

SWEDISH CUP 2016 10mAP40W 銀メダル

JOCジュニアオリンピックカップ 10mAP40W 優勝

活動スケジュール

大会・遠征名 スケジュール 開催地
ワールドカップ ミュンヘン大会 2020年6月2日~9日 ドイツ・ミュンヘン
ジュニア世界選手権大会 2020年7月11日~19日 未定

活動レポート

競技団体からのメッセージ

応援状況

マイルで応援する

日本地区会員の方

日本地区以外の会員の方*1

  • 寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。
  1. 日本地区以外の会員の方は、会員ログインの上、上記「マイルで応援する」ボタンを押下いただくと、お申し込みが完了となります。お申し込み後の取り消しは一切できませんので、ご注意ください。マイルの引き落としは、お申込み日より1週間以内に行います。