パラ陸上

PARA ATHLETICS

パラリンピック陸上競技には、100m,200m,400m,800m,1500m,5000m,10000mのトラック種目と、走高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、やり投、こん棒投のフィールド種目、そして道路競技(マラソンなど)があります。
走る、跳ぶ、投げるという本来人間が持っている能力を自己表現していく一つの方法が陸上競技です。

障がいがあるためにできないこともありますが、日常車いすで生活している人たちには、レーサーという競技用車いすで、競技を通じて疾走感や緊張感をもたらします。下肢切断の障がいの人たちには競技用義足で走る喜びや跳ぶ満足感を得ることができます。

また、視覚障がいの人たちには、見えないという恐怖感に対して、ガイドランナー(伴走者)がついて走れば、風を切る爽快感。 また、コーラー(方向を支持する人)がつけば、跳ぶことも可能になります。当然、恐怖感を軽減でき楽しむことが可能になります。このように、障がいのある人たちの陸上競技は、競技規則などをひと工夫することで思ってもみない可能性が膨らんできます。

また、観戦者もこのような選手たちの躍動感に心打たれるでしょう。

今後数年は、現在の強化指定選手で世界と戦っても、十分な成績や記録などの結果が良い方向に現れると感じています。しかし、その先を見据えた場合、ユース世代選手を発掘また育成が緊急の課題であります。皆さまのご協力をお願いいたします。

ネクストアスリート

鈴木 朋樹 TOMOKI SUZUKI

2016

ジャパンパラ 800M 1位 1500M 2位

2015

ジャパンパラ 800M 2位 1500M 4位

 

澤田 優蘭 URAN SAWADA

2008

北京パラリンピック出場 100m、走り幅跳び出場

2018

WPA北京グランプリ 走り幅跳び 日本記録更新

日本パラ陸上競技選手権大会100m、走り幅跳び 1位

アジアパラ競技大会 100m 1位

吉田 知樹 KAZUSHIGE YOSHIDA

2017

アジアユースパラ競技大会 100m 3位

山崎 晃裕 AKIHIRO YAMAZAKI

2017

日本パラ陸上競技選手権大会 優勝

世界パラ陸上競技選手権大会 5位

2018

アジアパラ競技大会 4位

活動スケジュール

大会・遠征名 スケジュール 開催地
日本選手権 2019年6月1日〜2日 大阪府・長居陸上競技場
ジャパンパラ陸上競技大会 2019年7月20日〜21日 岐阜県・長良川競技場
世界選手権(東京パラリンピック各国選考対象) 2019年11月3日〜9日 ドバイ

活動レポート

競技団体からのメッセージ

応援状況

マイルで応援する

日本地区会員の方

日本地区以外の会員の方*1

  • 寄付いただいたマイル相当額は競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。
  1. 日本地区以外の会員の方は、会員ログインの上、上記「マイルで応援する」ボタンを押下いただくと、お申し込みが完了となります。お申し込み後の取り消しは一切できませんので、ご注意ください。マイルの引き落としは、お申込み日より1週間以内に行います。